「ロシア・アヴァンギャルドのデザイン 未来を夢見るアート」

刊行:2015年4月

海野弘 解説・監修 

パイ インターナショナル

 本書の表紙を見てほしい。女性が叫んでいる。叫び声のデザインКНИГИ(クニーギ)とはロシア語で「本」という意味だ。「本よ〜っ!」目と耳に突き刺さる何だか楽しいこのデザインは、国営出版社の広告ポスター(1924年)。

 革命前後のロシアでは常識に挑戦する芸術運動が爆発した。自由な表現を危険視した政権の弾圧により運動自体は終息するも、その遺産は今日も世界のアートに刺激を与える。

 この本(画集に近い)はとにかくお買い得だ。ポスターや表紙絵、舞台など400点もの美術作品をカラーで収めて約3000円。解説も充実で、運動の経緯も各作家の略歴も「クニーギ!」と叫ぶ女性が実は誰なのかも書いてある。美術関係者はもちろん、一般読者にもお勧めだ。

三好俊介 (駒沢大学専任講師)