アグニヤ・ディネスの写真に見る極東の魅力(写真特集)

 極東初の女性写真家、アグニヤ・ディネスが、金鉱山や帝政ロシア時代の民族を撮影したとき、彼女はすでに50歳を超えていた。彼女が映した写真は歴史に残っているが、彼女自身はいまも謎の存在のままである。

 アグニヤ・ディネスは長いこと、知られぬ存在であった。名前をよく間違えられただけでなく(アグネスやアグラヤと呼ばれた)、多くの人に男性だと思われていた。19世紀末、写真家という職業は、まったく女性向きものではなく、彼女は大きなカメラと三脚、ガラスの湿板を入れた重い箱、ときには現像用道具一式を自分で運ばなければならなかった。とりわけ驚かされるのは、このときすでにディネスは50歳を過ぎていたということである。

 ディネスは建設中の都市のパノラマ、地元のアボリジニ、風光明媚な丘を背景にしたロシアの船、そして東洋らしい寺院、中国の宮殿、偶像などを撮影した。撮影場所の幅広さにも感銘を受ける。ディネスは極東や中国の多くの場所を、自身の貯金と支援者たちの募金で旅行した。

 しかしながら、彼女の人生については現在もほとんど知られていない。ある証言によれば、彼女は郵便電信局で働く役人の妻で、夫の死後、写真に興味を持つようになったという。冬の間は、自身の写真工房で働き、夏はカメラを持って旅行した。1898年に彼女の写真が首都に届き、パリで開かれる展覧会に出品されることになった。以来、ディネスは国家からの注文を受けるようになり、サンクトペテルブルクにある帝政ロシア地理協会のために調査に出かけ、写真を撮った。しかし、彼女についての情報はここで途切れている。彼女の写真は残されておらず、いつどこで死去したのかも明らかになっていない。残されたものは、鮮やかで洗練された極東のイメージだけである。

アイヌの人々
ロシア大使館の入り口(北京)
砂金を取る人たち
アムール川流域にて
金採掘者を運ぶトナカイ、1895年ごろ、アムール川流域
北京
採掘場にて
寺院にいるロシア人兵士、中国
サハリンのパン屋
サハリンの獄房
サハリンの村の集会
水を運ぶ犬
ツングース系民族
ハバロフスクの埠頭
カムチャツカの写真集より
ロシアの将校と中国の役人たち
ニコリスク・ウスリースク市
寺院の内部、サハリン

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる