米国人女性写真家が見た1930年代のソ連

マーガレット・バーク=ホワイト/ MAMM/ MDF
 伝説的な女性写真家マーガレット・バーク=ホワイトは、1930年代にソ連を訪れた最初の米国人写真家だった。彼女は大きな工業施設だけでなく、日常生活、風景、人々も写真に収めていた。こうして、ソ連初期の社会の様子を捉えた活気溢れる写真を数多く残した。

 最初にマーガレットが滞在したのは、もちろんソ連の首都モスクワだ。ボリシェヴィキの活動を記録し、ボリショイ劇場の舞台裏にも入った。

ボリシェヴィキの子供ら。自動車モスクワ協会(AMO)(後のリハチョフ記念工場(ZiL))の自動車工場の託児所
マリーナ・セミョーノワ―ボリショイ劇場のプリマ・バレリーナ

 女性写真家は村の日常生活にも興味を持った。彼女はソビエトの田舎で生き生きとした写真を撮影した。

 女性写真家はスターリンの故郷ジョージア(グルジア)も訪れ、彼の祖母と母のユニークな肖像写真を撮った。

ジョージアの古の都ムツヘタ
ヨシフ・スターリンの母エカテリーナ・ジュガシヴィリ
ヨシフ・スターリンの伯祖母
アジアの端のマグニートナヤ村

 写真家は工場へも赴き、ドニエプル水力発電所の建設現場を見学した。また、ウラルも訪れ、ソ連の工業化の様子を写真に収めた。工場、建設現場、労働者の姿を見事に写し出した写真により、米国に帰ったマーガレットは栄光を手にすることになる。

マグニトゴルスク冶金コンビナートの溶鉱炉の建造
シベリアの石工、同志ミハイル
スターリングラード(現ヴォルゴグラード)トラクター工場
ドニエプル水力発電所建設の主席顧問、米国人のヒュー・クーパー

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる