仕事人:極東で働く様々な職業の人がどのように見えるか

 ウラジオストクの写真家が、司祭、ダイバーから乳牛飼育員、木こりに至るまで、様々な人々の写真を長年にわたって撮影している。その中から最も興味深いものを選んだ。

 写真家のアレクサンダー・ヒトロフは、地元メディア向けに極東の様々な産業についてルポを書いた。工業施設の撮影に加えて、彼は本当に普通の人の肖像を写すのが好きだった。

カジノを建設する人

 「手仕事をする人がいる場合、私は常にその人を写真にしようと試みます」とアレクサンドルは話す。 「私は、ただカメラを見て、気取らずに人物の肖像を撮影しようとしているので、彼らは演じている人よりも人間味があるものになるのです。」

BelAZのドライバー

 この写真家は、遠く離れたティグロヴィー村の修道院で最も記憶に残る人物の一人と出会った。アレクサンドルは、当局の注意を引くために、電気不足を強調するためにここに来た。しかし、最終的には、宗教セクトから逃げた珍しい電気技師についての話があった。「彼は放浪している吟遊詩人のように見えます。革のジャケットを着ると金属工のように見えます」とアレクサンドルは彼のルポに書いている。この人物は、写真を撮るに口説くのが非常に難しいたった一人の主人公だった。

ティグロヴィー村の修道院の電気技師 

 そして、この修道院の院長で修道司祭アンヴロシィだ。彼が写真家をティグロヴィーに呼んだのだ。会話の中で、彼はロシアの修道主義が時代遅れになり、多くの人が神に仕えることは難しいという不満を述べた。したがって、彼だけが絶えずここに住んでおり、他の見習い僧は頻繁に入れ替わる。ちなみに、アレクサンドルがルポを書いた後でも光は村に点っていた。

アンヴロシィ、修道院長

 アレクサンドルは、ホタテとトレパン(ナマコ)を販売するため小さな農場に来ていたこのダイバーに会った。「彼らが海の底をほじくりまわすように私たちは写真を撮りに行きました」。 

ダイバー

 そして、この人物は同時に二つの職業を兼ね備えている。マキシム・カレンニクは、沿岸テレビ局のジャーナリストとして、またエクスプレス・プリモーリエ郊外鉄道会社の報道官として働いている。ジャーナリストのために、マキシムは鉄道のスポッティングを開催し、その一つでアレクサンドルと出会った。

マキシム・カレンニク、テレビチャンネルロシア(ウラジオストク)のジャーナリスト兼エクスプレス・プリモーリエの報道官

 アレクサンドルは休暇中に偶然この木こりの写真を撮った。彼は、沿海地方の最北端の集落であるアグズで新年を祝いに行ったのです。そこに着くのは簡単ではないのだ。ウラジオストクからテルニー市までバスで14時間かかり、ヘリコプターでさらに3.5時間かかる。

 アレクサンドルが帰る必要があった日にヘリコプターがなかったので、彼は海から行くことに決めた。木材が岸へ船から降ろされ、船に伐採を行う交代用の労働者の新しい人員を入れることになっているのを彼は港で見た。船がアレクサンドルを乗せて彼らのために写真を撮ることに彼は同意した。 プリモリエの基準では、このような交代制労働者の賃金は良好であるため、仕事がとても深刻なものにもか​​かわらず、名誉であるとみなされている。

木こり

 出会った最も大変な職業を尋ねると、アレクサンドルは答えるのが難しいと感じた。「なんでもそれぞれ大変なものです。木こりが暖かい小屋に座っています。物理的に、彼の仕事はおそらくそれほど難しくありません。しかし、家族から離れ、他の農民が一緒に長い間荒野にいるため、アルコールを飲めず、リラックスすることさえできません。それは感情的に難しい場合があります。しかし、(写真の)乳牛飼育員は大変ですが、それは彼女が乳牛飼育員だからではなく、彼女は常に彼女の牛しかいない荒野に住んでいるからです」。

ミルクメイド

 ウラジオストクには、核廃棄物の処理に従事しているRosRAO企業の支部があり、そのドックでアレクサンドルはこの労働者を撮影した。「ドックの労働者の給料は良いが、仕事は常に放射線に関わるものです。したがって、それとどのように関わるかは、人に非常に依存しています。結局のところ、会計士は自分のことを勤勉だと言うことができるのです」。

ドッグ労働者

 アレクサンドルは、彼が長時間オフィスに座っている必要があるときだけ仕事をするのは難しいかもしれないと認めている、「私は野原を歩き、オフィスに座らざるを得ない職に就いている」と述べた。それでフリーランサーになりました。下の写真は、トロールというあだ名のヤロスラフの肖像だ。パンク文化の原則に基づいて20年近く暮らしており、たまにしか働いておらず、お金をすべて楽器に費やしている。

トロール

 これらの写真やその他の写真は、展覧会「極東の焦点。ウラジオストクの写真家」は、2020年5月17日までウラジオストクのザリャ現代美術センターで開催されている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる