宇宙の奇妙さ:宇宙遊泳を最初に行った人による8枚の絵

Sputnik
 アレクセイ・レオーノフは12分間の宇宙遊泳を行ったパイオニアとしてもっともよく知られているが、彼は素晴らしいアーティストでもあった

 この第一人者が宇宙船から出て、真空の宇宙空間へ踏み出したとき、彼は息をのむような美しい光景を見た。「星が私の前後左右すべてにあった」と2019年10月11日に85歳で亡くなったレオーノフは回想した。

 1965年の勇敢なミッションはレオーノフに名声だけではなく、宇宙探検についての一連の芸術に着想を与える思い出も与えた。

 若い頃のレオーノフは人生を芸術に捧げることができたのかもしれないが、貧しい田舎の家庭には芸術家への勉学を賄う余裕はなかったのだ。そこで、彼は代わりに軍に入った。最終的に、彼は初めての宇宙飛行士のチームに加わることになり、その中には世界で初めて宇宙へと行ったことで有名になったユーリー・ガガーリンもいた。

 レオーノフは他の試練が待ち受ける運命にあった。彼は宇宙船の安全を離れ、人類史上初の宇宙遊泳を実施しなければならなかった。これは、大胆で危険なミッションであり、死に至る危険も頻繁に起こるかもしれなかった。

 ミッション中に多数の緊急事態が発生したにもかかわらず、レオーノフは宇宙船ボスホート2号戻り、人間が宇宙空間で生き残ることができることを証明したのだった。彼の一生に一度の宇宙遊泳は彼の芸術的興味を形作った。レオーノフは後に、宇宙や遠く離れた惑星を探検する様子を描いたサイエンスフィクションをテーマにした絵画を制作した。

 活動する宇宙飛行士として、レオーノフは常に任務には鉛筆を携えて、宇宙船の展望台から目撃した景色をスケッチした。しかし、彼はまた絵の中で未来の宇宙探査について多くのことを空想した。

 レオーノフが描いた200枚の宇宙をテーマにした絵画の一部は、モスクワのトレチャコフ美術館、アメリカ合衆国ヒューストンの美術館、ドイツドレスデンの美術館、および他の都市で展示されている。

 アレクセイ・レオーノフは私的にパブロ・ピカソと面会し、また『2001年宇宙の旅』の作者であるアーサー・C・クラークにインスピレーションを与え、続編の宇宙船の名前を付けることになった。アマチュアの芸術家にとっては悪くないことだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる