知っておくべきヴァシーリー・ポレノフの10の絵画

トレチャコフ美術館
 多くの人が保証するように、彼が残した風景と聖書を題材にした作品は、魂を完全な調和へと導く。どうぞ、お楽しみください。

1. モスクワの屋敷、1878

 この絵がおそらく、ポレノフの最も有名な絵であり、モスクワのアルバート通りの路地での生活を通じて描かれたものだ。華麗な町ペテルブルク出身であるポレノフにとって、当時の首都での単純で田舎風のシンプルな生活はあまりなじみがなかったのではないだろうか。この絵は、33歳のときに彼がモスクワに移住したその1年後に完成した。

 この作品は、アカデミズムや絵画の展示から離れ、人々からインスピレーションを求めたいと思っていた移動派画家の間で熱狂的に受け入れられた。

2.ヤイロの娘の復活、1871

 私たちはポレノフの人生を先に進めてしまったので、「起源」へ戻ろう。ヴァシーリー・ポレノフは、有名な絵画「ヴォルガの船曳き」の作者として有名なイリヤ・レーピンと同じ年、1844年に生まれた(知っておくべきレーピンの10の絵画、はここに)。ところで、彼らは芸術アカデミーの同じコースで勉強し、同じテーマで論文を書いた。それが「ヤイロの娘の復活」だ。どちらもこの仕事で大きな金メダルを獲得した。 (レーピンの作品と比較してみよう!)

3.ユグノーのエストレモン伯爵ジャコバン・ド・モンテベルの逮捕、1875

 芸術アカデミーを卒業した後、ポレノフ(レーピンも)はヨーロッパ遊学のための特別補助金を受給した。彼はオーストリア、ドイツ、イタリア、フランスに旅行しました。彼は風景や建物に触発され、ヴェネツィアとノルマンディーのリゾート地を描いた。しかし、彼はパリでこの歴史画を書き、そのためにアカデミー会員の称号を授与された。

4.老婆の庭、1878

 先に述べたように、33歳の時彼はモスクワに移住し、そこでこの町の「風景の絵画」を描き続けた。ちなみに、この絵画は、絵画「モスクワの中庭」と同じ場所の反対側を描いている。これらの家屋は、ナポレオン戦争中の1812年にモスクワで発生した大火の後に建てられたものだ。

5.草に覆われた池、1879

 「草に覆われた池」は、この芸術家の最も有名な絵画の1つだ。この絵は「老婆の庭」と同様に、移動展覧会で脚光を浴びた。ポレノフはこの絵のためにいくつかのスケッチを書いた。池とボートというテーマは彼の作品に繰り返し現れる。絵から明らかなように、ポレノフはフランスの印象派の影響を強く受けていたが、彼はこの技術をロシアの土壌にうまく移し、驚くべきほどに光をうまく使った。

6.皇帝の気晴らし、1879

 風景だけではなく、ポレノフは歴史的な題材にも着目し続けた。彼はイタリアでこの絵の材料を集めた。この絵は、少女の処刑の1分前の瞬間を描いている。恐ろしい野生の獣が格子の中に入れられ、獣は今にも飛び掛かりそうにしている。地面には、おそらく奴隷などの亡骸が落ちている。そして上から満足した皇帝は拷問を見ている。

7.キリストと罪深き女(誰に罪はないのか)、1888

 この絵のサイズは3.25×6.11 m(!)で、ポレノフのライフワークだ。彼はこの聖書の物語を長年にわたって構想を練っていた。キリストの生涯の舞台と「群衆」の顔を確実に描写するために、ポレノフはパレスチナ、シリア、エジプト、および中東のその他の地を2年間旅し、そこで人物、風景、衣装、建物のスケッチを多数行った。

 ポレノフの主な課題は、救世主として歩む旅の最初のキリストが普通の人間だったと示すことだった。

 

8.黄金の秋、1893

 絵画「キリストと罪深き女」は皇帝アレクサンドル3世によって購入され、このお金でこの画家は絵のように美しいオカ川の岸に家を建てた。現在、この「ポレノヴォ」美術館には、絵画「キリストと罪人」の実物大の鉛筆で書かれたスケッチがあり、オリジナルはサンクトペテルブルクのロシア美術館に保管されている。

 ポレノヴォの名前からわかるように、彼は多くの風景画と「黄金の秋」を描いた。この作品もその一つだ。

9.夢(丘の上で)、1900

 1899年、ポレノフは2度目の中東旅行をした。この旅とその後に、彼は自身にとって大きな意味を持つことになった一連の絵画「キリストの生涯から」を描いた。ポレノフは来るべき作品についてこう書いています。「私が抱えているこの仕事は力が及ばないほど難しいものですが、私はそれを拒むことはできません。私はキリストの壮大さと彼の物語のあまりの美しさに引き込まれてしまったのです。」

 しかし、ポレノフが描くキリストはいつも普通の人間であり、夢と弱点を持っている者として描かれた。

10.ヘラス、1890年代

 ポレノフは演劇に非常に熱心で、彼は自分の屋敷で公演を行い、セットを作り、地区中の子供たちを招待して参加させ、彼の妻は衣装を縫った。ポレノフの家の居間でさえ、カーテンの後ろからのように「俳優」が秘密の扉から突然現れることができるように配置されていた。

 1906年、モスクワでオペラ「ヘラスの幻」の初演が行われ、ポレノフ自身が音楽を作曲し、衣装やセットの考案をした(絵画のスケッチをご覧ください)。

 1917年の革命の後、彼は主にオカ川の家に住んでいた。彼の作品には宗教的な主題が豊富にあるにもかかわらず、ボルシェビキは非常に尊敬の念を抱いて彼を扱った。 1926年、彼は人民の芸術家の称号さえも授与され、翌年、彼はポレノヴォで静かに亡くなった。

 1017日からトレチャコフ美術館で、史上最大のポレノフの展覧会が開かれた。 2020216日まで開催する。チケットはオンラインで事前に購入した方が良いだろう

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる