モスクワの赤の広場で初めてロシア現代芸術展が開催

パーヴェル・ペーペルシテイン、シュプレマティスト・ファミリー(2019)

パーヴェル・ペーペルシテイン、シュプレマティスト・ファミリー(2019)

Press Photo
 グム百貨店ではアンドレイ・バルテネフとパヴェル・ペーペルステインらの画期的な展示会が開かれている。

 モスクワのもっとも有名なデパートとされている赤の広場のグム百貨店で初めて、ロシアで最も活躍している売れっ子現代芸術家の作品展が開かれている。

グムのファーストライン。

 15ある小さな展示スペースでは、パーヴェル・ペーペルステイン、アンドレイ・バルテネフ、イリナ・コリナ、オレグ・クーリク、アイダン・サラホワ、AES+Fグループを始めとする有名芸術家たちの作品を見ることができる。

セミョーン・ファイビソヴィチ、日没のマネキン(左)、エクスキュージョン(右)、メタモルフォーゼ・プロジェクト(2019年)より

 これらの作品の一部は、今回の「グム百貨店-レッドライン」展のために制作され、販売もされている。

セミョーン・ファイビソヴィチ、キーラ(2017年)

 展示会は、このモスクワの主要なショッピングモールの一階で開かれている。主催者によると、320万人の来場者を見込んでいるという。

イリナ・コリナ、アイソトープ・ステーション(2019年)

 参考のために付け加えれば、プーシキン美術館は年間90万人、モスクワのクレムリンには290万人が訪れている。

ヴラジーミル・ドビュッサルスキー、家庭にて、永遠の価値のある花(2015年)

 現在は、グム百貨店のレッドライン・ギャラリーの常設展を3階で見ることができる。

コンスタンティン・ズヴェスドチェトフ、モスクワからの挨拶(2019年)

 同じ現代芸術家たちの個展やグループ展も準備されている。

アンドレイ・バルテネフ、旗手-家族の幸福船の到着(2019年)、彫刻(左)、レッツ・スマイル!(2015年)、デジタル・コラージュ(右)

 「このスペース利用に取り掛かった時、19世紀後半には、美術蒐集家であった商人、ヘンリー・ブロカードがまさにこの場所でギャラリーを開いたことは知っていました。驚くべきことです」。プロジェクトの責任者、イーゴリ・カザコフはロシア・ビヨンドに対し、こう語った。

ゲオルギー・トチバゼ、森シリーズより(2017年)
アイダン・サラホワ、オーナメント11番(2016年)(左)、始まり(2018年)(右)
オレグ・クーリク、家族の構造(2015年)
セルゲイ・ブラトコフ、人類の最初の誘惑(2019)
ベラ・レヴィコワ、「量子のテレポーテーション」シリーズ(2018)
ゴーシャ・オストレツォフ、コスモトーンキーパー(2016–2019)
グム百貨店レッドライン・ギャラリー

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる