レズビアンのイメージで一躍有名になったポップスデュオt.A.T.u.の2人に何があったか?

Yurii Zheludev撮影/Global Look Press
 かつてロシアの16歳の2人の少女が、互いへの愛を歌った曲を引っさげて、世界のヒットパレードに旋風を巻き起こした。2人がデュオを解散してから10年が過ぎたが、この間2人は精神科医に通い、外国に移住し、ガンと闘い、声を失った。

 シングル曲「All the Things She Said」は2002年、ユリヤ・ヴォルコワとエレーナ・カーチナという2人のポップスデュオによってリリースされた。学校の制服(チェック柄のミニスカートに白いハイソックス)に身を包んだ16歳になったばかりの2人の女の子がカメラに向かってキスをし、お互いをどれだけ愛しているかを歌にした。

 しかし実際、彼女たちがレズビアンだったことは一度もない。レーナは2013年にDaily Beastからのインタビューに応え、「あれは役を演じていたようなもの。わたしは一度もレズビアンだったことはないし、女の子を好きになったこともない」と告白している。

 このデュオの影には2人のプロデューサーがいた。2人は児童声楽アンサンブル「ニポセドゥイ」のティーンエイジャー2人に性的少数派を演じさせることにした。当時、クィアというテーマを盛り込むことは非常に高い可能性があったからだ。そしてこのアイデアは成功した。

 曲は15週間にわたってイギリスのヒットチャートにランクインし、1週間1位にランキング。アメリカではビルボードトップ20に入った。t.A.T.u.は世界中で100万枚のアルバムを売り上げ、7カ国でゴールドステイタス、5カ国でプラチナステイタスを持ち、日本でのコンサートのギャラとして100万ドルを手にした。「アジアでは特に人気でした。わたしたちがステージで身につけていたような制服を着た女の子たちを扱ったポルノがとても多かったから」とユリヤは当時を振り返る。日本からモスクワに戻ってきて、2人はそれぞれマンションを買った。

 しかし人気絶頂の2009年にt.A.T.u.は解散。デュオ結成から10年、2人はソロでの活動に移ることとなった。

「話すのが怖かった」

 イエロー・ジャーナリズムはスキャンダラスなデュオに何があったかについて様々な記事を書いた。元プロデューサーのボリス・レンスキー氏はインタビューの中で、ユリヤは何度もコンサートをすっぽかしたと話す。たとえば、カリフォルニアでのコンサートのことだ。このコンサートの準備は半年前から始まっていた。しかし直前になって、ユリヤは突然、発症した飛行機恐怖症を理由にアメリカ行きを拒否し、2人はアメリカのプロモーターのブラックリストに載ることとなった。

 いずれにしても、レーナとユリヤは一緒にいることに疲れ果てていたが、それからも数年は巨額の出演料でコンサートを続け、日本ではチョコレートのCMにも出演した。

 このときすでに2人は23–24歳で、ユリヤには別々の男性の子どもが2人いた。このどちらの男性とも結局、続くことはなかった。「子どもを産んで、気持ちを整え、また働くことにしたの」とユリヤは話す。

 ユリヤ・ヴォルコワはまもなくソロでシングルを何枚かリリースし(ソロデビュー当初しばらくはまだレズビアンのイメージを保っていた)、ロシアのホラー映画に出演し、イタリア人デザイナーと共同で、靴のラインを発表した。

 そんな活動は2012年まで続いたが、そのころユリヤは甲状腺ガンに侵されていることが判明し、手術しなければならなくなる。ガンであることは公表しなかった。声が枯れたようになったのはタバコやお酒、麻薬のせいだと噂された。「そういったことは大々的に言ったり、PRに使うものではないと思ったので、公表しないことにした。憐れまれるのも嫌だったから」。2017年、テレビ番組「100万人への秘密」でユリヤはこう語っている。

 手術では甲状腺と腫瘍が完全に摘出されたが、声帯の神経が傷つけられ、声が出なくなった。声を取り戻すのには3年を要した。イスラエルとドイツで手術を受けたが、医師らは今後、声帯を回復させるのは不可能だと告げた。そんな彼女を救ってくれたのは韓国の医師だった。「手術後、1ヶ月間はどんな音も出さないようにと言われていたけれど、2–3ヶ月経っても、声を出すのがとても怖かった」とユリヤは話す。

 しかし彼女は声を出した。そして再び歌も歌えるようになったのである。

「わたしにもユリヤにも行列ができると確信していた。しかしそうはならなかった」

 レーナ・カーチナはt.A.T.u.解散後、大きな心の問題を抱えることになった。「わたしは、t.A.T.u.はすごいスターだったと思っていた。だから解散してもわたしとユリヤのところには大勢のプロデューサーが列をなしてくると信じて疑わなかった。でも現実はそうはならなかった」とレーナはあるインタビューで語っている。よい教訓だった。どうしてよいか分からず、とても辛かった。もう一度学生になって、何か新しい専門知識を身につけようかとも思った。わたしは心理学科を卒業したのだけど、この専門で働くわけにはいかないでしょう」。彼女は精神科医に通うようになった。そしてその後、2ヶ月間、ミュージシャン仲間がいるロサンジェルスに行き、結局、アメリカで暮らすことになった。

 2013年、レーナ・カーチナは結婚。お相手はセルビアのロックミュージシャン、サショ・クズマノヴィチで、結婚式はスロヴェニアでセルビア式に、そしてモスクワでロシア式に、合わせて2回行った。その後、第一子(男の子)を出産、スペイン語でEPをリリースし、南米ツアーも敢行した。彼女が英語で歌ったシングル“NeverForget”は、DaveAudeによってリミックスされ、ビルボードダンスチャートで1位に輝いた。

 2017年、再びロシアで人気を取り戻そうとロシアに帰国。そしてロシア語での音楽活動を開始した。

「タバコを吸うなら吸えばいい

ただ息をするのを忘れないで

それがわたしの言いたいこと

愛したいなら愛せばいい

ただ羽ばたくことを忘れないで

それがわたしの言いたいこと」

t.A.T.u.は帰ってくるのか?

2014年ソチオリンピックのオープニング・セレモニーの前に出演したt.A.T.u.のメンバー、ユリヤ・ヴォルコワとエレーナ・カーチナ。

 メディアではレーナとユリヤの再結成の話題が幾度ともなく噂された。そしてこうした噂が流れるたびに、その記事には「OMG!t.A.T.u.が戻ってくる!!」といった喜びのコメントが何百と寄せられた。

 デュエットが再結成すれば成功は間違いないと言われる。しかしレーナは「そのための扉は閉ざされている」と答えている。再結成の試みは何度かなされたと言う。しかしどの試みもケンカ別れに終わった。2人が出席する記者会見では、別々の場所で応えることが多い。どんなに望んでも、かつてのレズビアンとしてのイメージを再び売りにするのはもう不可能である。

 2014年にユリヤはこう言っている。「レズビアンは、2人の男性が手を握り合い、口づけしているよりも美的だと思う。ゲイを否定するつもりはないけれど、自分の息子には同性愛者ではなく、本物の男になって欲しいと思っている」。長い間、ロシアにおけるLGBTコミュニティの象徴的存在だった彼女がそう言ったのである。 

 またレーナもフェイスブックのページで次のように綴っている。「ただ一つ言いたいことは、神は愛の中に生きることを教えてくれているということ。互いに対し寛容になり、他人を裁かないこと。愛は愛。これはとても素晴らしい感覚なのです」。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる