観客の心を奪うのに言葉などいらないロシア無声映画の女王5人

アーカイブ写真
 ナチスのスパイでもあった女優、毒殺されたと噂される有名人、ハリウッドでもっとも稼ぐ人――今日、私たちが知っている無声映画を定義づけたロシアのヒロインたち。

 これらのカリスマ的な女性たちは、自らの感情を声で表現することができなかったので、独特の容姿、豊かな模倣と身振り、誇張した動きと柔軟さに頼るしかなかった。サンクトペテルブルクからサンフランシスコまで、無声映画を輝かせたロシアのスターたちに会おう。

1. ヴェラ・ホロドナヤ(1893-1919

 彼女の人気はありとあらゆる記録を更新した――かつて、エカテリノスラフ(現在はウクライナのドニプロ)のツアーの際に、彼女が乗った自動車を集まったファンたちが手で運んだことがある。

 ホロドナヤは、『天の炎』と『厳かな愛の歌』に出演して名声を得、「映画の女王」と呼ばれた。

 ヴェラは、1919年にオデッサで映画の撮影中に25歳で亡くなった。彼女の謎めいた死には2つの説がある。ひとつは、スペイン風邪で亡くなったという説で、もうひとつは、非公式のものだが、彼女がソ連を支持していたために、白軍のアントン・デニキンの治安部隊に毒殺されたというものだ。

 彼女はオデッサの第一キリスト教墓地に埋葬されたのだが、1933年に、この墓地が更地にされた際、この偉大な女優の遺骸は跡形もなく消えていたという。

2. アーラ・ナジモワ(1879-1945

 ロシアの無声映画の時代でもっともエキセントリックなこの女優は、当時のハリウッドでもっともギャラの高い女優の一人となった。

 1904年、アーラ・ナジモワが所属していた劇団はヨーロッパツアーを、その後、米国ツアーを行った。18ヶ月間のツアーは、ナジモワがアメリカに留まりたいと思うのに十分な時間だった。

 彼女は、ブロードウェイでヒットしたミュージカル『戦時花嫁』に主演してから非常に人気が出た。 1916年に、プロデューサーのルイス・セルズニックはこのショーを元にした映画を製作することにし、ナジモワを主役に抜擢。この映画は大ヒットとなり、ナジモワは、週給1万3000ドルでこのスタジオと契約を結んだ。かの有名なメアリー・ピックフォードでさえ、当時のギャラはもっと少なかった。

3. ガリーナ・クラフチェンコ(1905-1996

 汚名を負わされた政治家と関係があったクラフチェンコは、数十年にわたり女優としてのキャリアを中断しなければならなかった。だが、彼女は、1924年のSF映画『アエリータ』でデビューしてから大変な人気女優となったのだった。

 ソ連のさまざまな街に彼女のポスターが貼られ、写真入りのポストカードが、あちこちのキオスクで販売されていた。

 1933年に、クラフチェンコは逮捕された。その少し前に彼女は、有名なソ連の政治家レフ・カーメネフの長男と結婚していた。カーメネフがスターリンの不興を買い弾圧されると、クラフチェンコの映画のキャリアも停止した。後に彼女は、映画の世界に戻り、高齢の女性の役を演じている。

4. オリガ・チェーホワ(1897-1980

 1920年に、オリガ・チェーホワはドイツに亡命し、映画女優として輝かしいキャリアを築いた。ヒトラーは、最も熱心な彼女のファンの一人であり、他の多くのナチスのトップたちとも彼女は親密な関係を持っていた。彼女は、第三帝国の帝国芸術家賞まで授与されている。

 それでも、ナチスの将校らによる迫害から彼女を救うことはできなかった。一度、ハインリヒ・ヒムラーは、チェーホワがソ連のスパイだと断じようとした。しかし、自室にいる彼女を逮捕しようと、ヒムラーが特別警察隊を率いて向かうと、なんと、彼女はヒトラーとお茶を飲んでいるところだったのだ!ヒムラーは何もできず、謝罪すると、慌ててその場を去ったのだった。

 オリガ・チェーホワはさらに、ソ連当局の逮捕も逃れて生き延びた。 1945年に、彼女はモスクワへ向かい尋問を受けたが、すぐにベルリンに戻ることを許された。チェーホワは二重スパイだという説がある。

5. ヴェラ・カラリ(1889-1972

 映画スターになる前、ヴェラ・カラリはバレリーナとして成功していた。1906年から、ヴェラはボリショイ劇場のソリストで、セルゲイ・ディアギレフがヨーロッパで行った「セゾン・リュス」に参加している。

 1914年に、『覚えてる?』で映画デビューを果たし、この映画は彼女をロシアの無声映画時代で最も輝かしいスターの一人へと押し上げてくれた。

 1917年の革命後、ヴェラ・カラリはロシアを去った。しばらくの間、彼女は、リトアニア、ルーマニア、フランス、オーストリアで仕事をしていた。最終的に、ウィーンに落ちつき、そこでバレエの指導を行った。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる