ボリショイバレエの舞台裏:今まで見たことのない写真10点

 写真家サーシャ・グーソフはジョージ・クルーニーからボリス・ベレゾフスキーまで多くのセレブたちの写真を撮ってきたが、写真家として認められたきっかけは偶然であった。彼はロンドンで公演中だったボリショイ劇場の写真を撮るチャンスを得たのだ。

「白鳥の湖」の舞台裏で、ロンドン、2016年

 本当に普通の男だったサーシャ・グーソフに降って湧いたシンデレラボーイ・ストーリーだ。1990年代にわずか10ドルしか持たずにロシアを離れ、ロンドンに行き着いた。不法移民であった彼が見つけられた職はウェイターだけであった。

「白鳥の湖」、ロンドン、2016年

 ある日、グーソフはボリショイバレエ団が公演に来ていたロイヤル・アルバート・ホールに潜り込んだ。そしてすぐにバレエ団監督であるユーリー・グリゴローヴィチの元に行き、自分が写真家であると自己紹介をした。その時点ではまだそうではなかったのだが。

ニーナ・カプツォワ、「海賊」、ロンドン、2016年

 グーソフはバレエ団の撮影をする許可を願い出た。驚いたことに、グリゴローヴィチは了承し、歴史に残る写真がBritish Journal of Photographyに掲載された。グーソフはそれによって写真家としての地位と名声を得た。

舞台裏で、ロンドン、2013年

 その瞬間から、何十人もの政治家、俳優、ミュージシャンや世界的に有名なセレブたちがグーソフのカメラにおさまった。ユアン・マクレガーやオペラ歌手ルチアーノ・パバロッティのプライベートカメラマンにもなった。 

「白鳥の湖」の舞台裏で、ロンドン、2016年

 彼の写真は、ガーディアンやウォール・ストリート・ジャーナルといった世界的なメディアにも取り上げられ、イギリスのTopFotoが選ぶ世界のトップ20カメラマンにもなった。

ゲディミナス・タランダ、ロンドン、1993年

 グーソフは言う。「写真というのは、起こっていることの一瞬を切るとるものだ」。彼には人々の間に溶け込み、最高の瞬間を捉える才能がある。

「白鳥の湖」、ロンドン、2004年

 舞台にあがる直前の神経質になっているダンサーを彼は撮る。でも彼女たちは写真を撮られていることをまったく気にしていない。

「白鳥の湖」の舞台裏で、ロンドン、1993年

 スヴェトラーナ・ザハロワ、ウラジスラフ・ラントラートフ、ニコライ・ツィスカリーゼ。ボリショイのスターたちのダイナミックな表現力や美しい動きがグーソフのレンズによって永遠の命を持つ。同じように俳優たちも役を演じ、彼の前でポーズを取る。 

スヴェトラーナ・ザハロワ、ロンドン、2013年

 2018年6月にモスクワで開かれたグーソフの個展のオープニングで、バレリーナであるアンジェリーナ・カルポワが彼女や仲間たちはグーソフと仕事をするのが本当に好きで、彼に撮られていることはとても心地良いと述べた。 

オリガ・スミルノワ、「じゃじゃ馬ならし」、ロンドン、2016年

 彼の個展「サーシャ・グーソフによるボリショイバレエ」では1992年から2016年の間に撮られた50枚の写真が展示されている。展示はモスクワのリュミエール兄弟記念写真センターで9月23日まで開かれている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる