ソ連の”ゲーム・オブ・チェアーズ”

ソ連時代のプロパガンダポスター=

ソ連時代のプロパガンダポスター=

Global Look Press
 ヨシフ・スターリンが死去すると、その側近はすぐに激しい権力闘争に巻き込まれた。独裁者を守ってきたということは、命という大きな犠牲を払うことであった。結局ニキータ・フルシチョフが勝利し、敗者の一部は政治的に、また他の一部は文字通り、抹殺された。

 スターリン政権はソ連で最長であった。ライバルのウラジーミル・レーニンが死去した1924年から、自身が脳卒中で死亡する1953年3月5日まで続いた。

 スターリンの生存中、政権につこうと挑戦する側近は誰もいなかった。スターリンの保護から外れれば、惨めな運命が待っていることを知っていたからだ。そしてスターリンが死去すると、側近はスターリンの遺産をめぐって闘い始める。

 

政権に集まった3

 スターリンほど権力を掌握できる力を持ったソ連のエリートはいなかった。3人の最も影響力のある者が政権中枢に集まった。

 スターリン政権で閣僚会議副議長を務めたゲオルギー・マレンコフは、閣僚会議議長になった。

 ウクライナ共産党第1書記だったニキータ・フルシチョフは、中央の共産党を率いた。

 悪名高き秘密警察の“死刑執行人”でソ連の核計画を監督したラヴレンチー・ベリヤは、内務人民委員部長官の座に戻り、秘密警察を支配し続けた。スターリンのグルジア人の同胞で恐らく最側近だったベリヤは、1938年から1945年まで内務人民委員部を率い、第二次世界大戦中に冷酷な抑圧を行った。

 マレンコフもフルシチョフもベリヤに排除されることを恐れたため、先手を打つことを決めた。

 

長官の拘束

ラヴレンチー・ベリヤ=APラヴレンチー・ベリヤ=AP

 1953年の春夏、ベリヤの内務人民委員部での立場は確固たるものに見えた。だがマレンコフとフルシチョフは、ここで攻勢をかけた。1953年6月、ベリヤは東ドイツから戻った後に拘束された。

 ソ連共産党中央委員会の全体会議では、党の上層部はベリヤを抑圧の立案者(真実)でイギリスのスパイ(嘘)だと非難した。

 当局者は、スターリン時代の残虐行為を列挙しながらも、スターリンの名前をほとんど出さなかった。そしてすべてがベリヤの責任となった。ベリヤには弁護の機会がなく、その年に処刑された。スターリン時代の内務人民委員部の前任者ゲンリフ・ヤゴダやニコライ・エジョフと同じ運命になったのである。

 

スターリンの側近からの反撃

ゲオルギー・マレンコフ=Global Look Pressゲオルギー・マレンコフ=Global Look Press

 ベリヤの解任後、マレンコフとフルシチョフは互いに攻撃し合った。歴史学者アレクサンドル・プィジコフは自身の著書「フルシチョフの雪解け」の中で、マレンコフがフルシチョフほどのカリスマ性と積極性を持ち合わせていなかったために敗北したと指摘している。1955年のソ連共産党中央委員会の全体会議で、マレンコフは閣僚会議議長の座から降ろされた。

 闘争はこれで終わらなかった。マレンコフは、スターリン時代の長年の同志で、1939年に独ソ不可侵条約に調印したことで知られる元外務大臣のヴャチェスラフ・モロトフおよびラザリ・カガノヴィチと、新たに協力し、グループを結成した。

 同時に、1957年の中央委員会幹部会でフルシチョフを解任する投票を実施した。フルシチョフは、牛乳と肉の生産国としてアメリカを追い抜くという非現実的な約束などに対し、多くの批判を受け、解任が一旦決まった。

 

そちらは潔白なのか

ニキータ・フルシチョフ=ロシア通信ニキータ・フルシチョフ=ロシア通信

 抜け目ないフルシチョフは、同年6月の中央委員会幹部会で再び投票を実施。レオニード・ブレジネフら若い共産党員からの支持を受け、自身に対する批判を1930~1940年代(スターリン時代)の犯罪の議論にすり替えた。フルシチョフの支持者は、抑圧と流血があったとしてスターリンの側近らを強く批判した。

 マレンコフ、モロトフ、カガノヴィチは、罪のない人の殺害に深く関与していた。だが「反共産党の3人」だとこの3人を厳しく批判したフルシチョフにも、中央委員会幹部会の後で本人らが主張したように、問題はあった。

 カガノヴィチに「あなたはどうか。ウクライナで処刑の紙に署名をしていたではないか?」と聞かれ、フルシチョフは沈黙した。

 いずれにせよ、フルシチョフは勝利し、この3人は敗北した。時代はすでにスターリン時代よりも穏やかになっていたため、誰も処刑や投獄されなかった。そして、年金生活者として暮らすことを許された。

 フルシチョフについては、その後6年ソ連を率いたが、1957年に支持を受けたあの若い共産党員らによって、1964年に倒された。引退後は政治的に忘れられ、回想録を書いたり、過去の友達による裏切りに対する不満を言ったりしていた。