ロシアのアフォリズム5選

Sergey Pyatakov/RIA Novosti
 「ロシアは頭ではわからぬ」、「ロシアには二つの災難がある…」。ロシアとロシア人に関する最も人口に膾炙した諺、格言、箴言の類を集めた。これらの意味は?そして起源は?

1. 「ロシアは頭ではわからぬ」 

 フョードル・チュッチェフの肖像画、S. アレクサンドルフスキイ=トレチヤコフ美術館 フョードル・チュッチェフの肖像画、S. アレクサンドルフスキイ=トレチヤコフ美術館

 これは、詩人フョードル・チュッチェフの言葉。彼が1866年に書いた4行詩の1行目だ。

 ロシアは頭ではわからぬ

 並みの尺度では測れぬ

 ロシアならではの特質がある

 ロシアは信じることができるのみ


 このチュッチェフの詩の1行目は、ロシアの非合理的な文化、文明を語ろうという場合には、いつでも引き合いに出されるようになった。ところが時とともに、ロシア人またはロシアの、予想外な行為なら何でも、その評価に関係なく、「ロシアは頭ではわからぬ」が引かれるようになる。

 例えば、1939年にチャーチルは、ラジオでこう語った。「私はロシアの行為を予言しようなどとは思わない。それは、“秘密”で包んである謎で、その包みのなかには、パズルがいくつも入っているのだから」 

 

2.「ロシア人をちょいと引っ搔くと、タタールの地が出てくる」 

『オルド』、2012年=Kinopoisk.ru『オルド』、2012年=Kinopoisk.ru

 今日では、この表現はふつう、ロシア人には様々な民族の血が混ざっている、と言いたいときに用いられる。その作者については諸説あるが、いずれにしても、19世紀にフランスから入ってきたのは確か。

 ドストエフスキーはこう書いている。「ヨーロッパ人ときたら、我々がどんな犠牲を払っても、どんな場合でも、決して我々ロシア人を仲間とはみなしてこなかった。いまだに“Grattezlе russе еt vouzvеrrеzlе tartаrе”というわけだ。我々は彼らの諺になってしまった」

 フランス人の誰が最初にこれを言い出したのかは不明だが、例えば、外交官で作家のアストルフ・ド・キュスティーヌは、自著『1839年のロシア』にこう書いている。「ロシア人の気質は残酷だ――いくらこの半野蛮人たちが、これに文句を言ってもだ。そして、今後も長い間、そうであり続けるだろう。なにしろ、彼らが本物のタタールだった頃から、数百年も経っていないのだ。…そういう文明から成り上がった者たちの多くが、現在の、見た目の洗練の背後に、“熊の毛皮”を保ち続けている。というか、彼らは、その熊の毛皮をひっくり返して着ただけだから、ちょいとそれを引っ掻けば、地の毛皮が出てきて、その毛が逆立つというわけなのだ」

 

3.「ロシアには二つの同盟者しかない――わが陸軍と海軍だ」 

アレクサンドル3世アレクサンドル3世

 この箴言を最初に口にしたのは、皇帝アレクサンドル3世だとされている。ツァーリは自分の大臣たちにこう言うのを好んだ。「わがロシアには、全世界に2人の忠実な同盟者しかいない。我が陸軍と海軍だけだ。他の連中はみな、ちょっと何かあると、我々に敵対して団結する」

 この言葉は、このツァーリの思考の全般的特徴を反映している。彼は、ヨーロッパに対しては常に疑り深かった。

 

4. 「ロシアは巨大だが、退却はできない。我々の背後にはモスクワがある」

パンフィーロフ師団の28人の英雄たちの記念碑=ウラジーミル・セルゲエフ/ロシア通信パンフィーロフ師団の28人の英雄たちの記念碑=ウラジーミル・セルゲエフ/ロシア通信

 この名言を吐いたのは、政治委員、ワシリー・クロチコフだとされている。彼は、1941年11月にパンフィーロフ師団を率いていた。凄惨な戦いの末、部隊の28人全員が戦死したが、敵の戦車14両を破壊した。赤軍の機関紙「赤い星」の記事により、パンフィーロフ師団の戦功は、広く知られることになった。

 詩人ニコライ・チーホノフは1942年に、詩「28人の親衛隊員の戦記」を書いたが、この詩のなかで、クロチコフの言葉が、詩の形で何度となく繰り返される。

 

 ロシアは巨大だ

 だが退却はできぬ

 我々の背後にはモスクワがある!…

 

 後に判明したところでは、この言葉は「赤い星」の編集者が考え付いたものだったのだが、そのときは既に、人口に膾炙していた。

 

5. 「ロシアには二つの災難がある。悪路と馬鹿だ」

「トロイカで赤の広場へ。古代ルーシ」、 アレクサンドル・ソコロフ画、 1960年=セルゲイ・ピャタコフ/ロシア通信「トロイカで赤の広場へ。古代ルーシ」、 アレクサンドル・ソコロフ画、 1960年=セルゲイ・ピャタコフ/ロシア通信

 この、おそらくは最も人気ある金言の作者は誰なのか?それについての議論はずいぶん前から続いているが、作家ニコライ・ゴーゴリの名が挙がることが多い。

 初めてこのアフォリズムが登場したのは、ペレストロイカ期のことで、風刺作家ミハイル・ザドルノフの一人漫才においてだった。

 「ニコライ・ワシーリエヴィチ・ゴーゴリはこう書いてます。『ロシアには二つの災難がある。悪路と馬鹿だ』。というわけで、我々は今日まで常に変わらないという、羨むべき安定を保っていることになりますね」

 もしかすると、ザドルノフは検閲に引っかからないようにするために、ゴーゴリの引用という形をとる必要があったのかも。  

 

*「アルザマス」誌のロシア語の記事を抄訳 

 制作者はスタニスラフ・クヴァルディン

もっと読む:日本語に訳せないロシア語7選>>