VDNHをベネチア建築展で紹介へ

報道写真
 ソ連時代の建築群VDNHが、第15回「ベネチア・ビエンナーレ国際建築展」(2016年5月28日~11月27日)のロシアの主要な展示テーマになる。マルチメディア展示は、建築専門家だけでなく、一般市民も対象にしていると、ロシア館のキュレータであるセルゲイ・クズネツォフ氏が、モスクワのプレゼンテーションで説明した。ビエンナーレ終了後は、展示物がVDNHの中央パビリオンの一つに移送される。

VDNHとは何か

 「VDNH(経済達成博覧会)」は、さまざまなパビリオンのある総面積520ヘクタールの巨大パークで、スターリン擬古典主義(スターリン様式)とモダニズムのアヴァンギャルドの要素を一つにした貴重なソ連建築群。

 1939年、ソ連のコルホーズの力強さを示すために、オープンした。1937年パリ万博でソ連館を飾り、20世紀最大の彫刻と言われた「労働者とコルホーズの女性」像は、現在の北の入り口の前に設置され、VDNHのシンボルの一つになった。

 ソ連の有名な建築家(ウラジーミル・シチュコ、ヴャチェスラフ・オルタルジェフスキー、ウラジーミル・ゲリフレイフなど)によって建てられたパビリオンには、テーマ別の展示物以外にも、ソ連の各共和国の一種の代表部もあった。

u30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1u5831u9053u5199u771fu30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1
u30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1u5831u9053u5199u771fu30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1
u30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1u5831u9053u5199u771fu30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1
u30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1u5831u9053u5199u771fu30bbu30ebu30b2u30a4u30fbu30afu30bau30cdu30c4u30a9u30d5u6c0fu306bu3088u308b u5c55u793au306eu30b9u30b1u30c3u30c1
 
1/4
 

ロシア版「フォロ・ロマーノ」

 「VDNH建築群は今日でも、モスクワを訪れるすべての知識人を魅了している。これはロシア版『フォロ・ロマーノ』と言える。建築家はVDNHを見ると感動する」と、イリヤ・レーピン・サンクトペテルブルク国立絵画・彫刻・建築大学の学長で、ベネチア・ビエンナーレのロシア館のコミッショナーであるセミョン・ミハイロフスキー氏は話す。

 クズネツォフ氏によると、ロシア館には5ホールあり、創設時から今日までの各種芸術の集大成として(その時代の一流の建築家だけでなく、デザイナー、彫刻家、芸術家も建設作業に関与している)、VDNHの歴史が紹介されるという。