『二十世紀の10大バレエダンサー』

刊行:20133
村山久美子著 
東京堂出版

 20紀、バレエ界には多くのスーパースターが現れた。本書はその中でも立つニジンスキーヌレエフ、マラーホフ、バリシニコフ、プリセツカヤなど10人を取り上げ、彼らの舞台だけでなく、その代の芸術的環境どをあわせて語ることによって、その芸術に迫る試みである。
 20紀初頭に形成されたシア派バレエの優れた教育システム「ワガワ・メソッド」は化しながら世界に導入され、多くの名舞踊生み出した。厳選された10人のダンサーせずして、大部分がワガワ・メソッドで育った。時代の潮流を切りひらいたンサーたち活動通じて20紀のロシア・バレエ史としても読めるものとっている。
 本書ではさらに森下洋子、熊川哲也吉田都の日本人ダンサーについても取り上げられている