露STC社が技術開発 

スピーチ・テクノロジー・センター(STC)のミハイル・ヒツロフ氏=コメルサント紙撮影

スピーチ・テクノロジー・センター(STC)のミハイル・ヒツロフ氏=コメルサント紙撮影

政府機関で活用

STCはソ連時代に多重通信の開発を担った生産合同「ダーリニャヤ・スビャーシ(遠隔交信)」の元職員らによって1990年にサンクトペテルブルグで創設。STCシステムは大統領府、連邦保安庁、内務省、国防省などで利用されている。

界におけるスピーチ・テクノロジーとその成果要なプレーヤーをぶスピーチ・インダストリー・アワーズ今年はロシアの開発者が賞した。

審査員らが評価したサンクトペテルブルスピーチ・テクノロジー・センター(C)の果として挙げられは、国規模のフォノベース生体認識システムである。

審査員団36声測定の専門家らによって活用されているオーディオ・インフォメーション処理システムの最新版S IIにも注目した。

の開発は、スピーチ・テクノロジーの利用に関連した刑法学の側面からの動に必要なあらゆるものを包含している。

Cが編み出した音声生体認識技術ボイスキー」、今日、銀行や通信社などで利用されている。ペレーターのコンピュータ画面には、データベースから声で人物を特定して提供する話者のすべての情報が瞬時に現れる。

仮に電話の話し手が銀行のラックリスト含まれた人物なら、次の通話の際にはの顧客は信用できないとの警告を発する。

人相識別技術基づくシステムは、スタジアムやコンサート会場といった集客場所での治安確保のために利用されている。

システム「スマートトラッカー」用いられている技術語とは無関係であり、使用言語やなま言は意味をもたないので、全世界で活用されている。

執行責任者インノケチイ・デメチエフ氏は、開発を促進して国際市場へ支障なく進出するために同社はロシア版シリコンコルコボ」支援を仰ぐことに決めたとしてこう述べ

「私たちは極めてピュラーかつこのうえなく重要な学術テーマに取り組んでいます。事は社会の治安に関わるものですから。スコルコボのおかげで税や経営面の一連の優遇にあずかています。2011年秋に私たちは同財団から約6000ルーブルの助成を受けました」