フーリガン対策急務

CSKAのサポーター =エカテリーナ・ロクテワ撮影

CSKAのサポーター =エカテリーナ・ロクテワ撮影

11月17日、モスクワのヒムキ・スタジアムで行われたサッカー・ロシア選手権のモスクワ「ディナモ」対サンクトペテルブルク「ゼニト」の試合で不幸な出来事が起きた。

試合開始直後より観客席からピッチへコインやライターや花火が投げ込まれ、爆竹のひとつがロシア代表でディナモのゴールキーパー、アントン・シュニンに当たり、審判は試合の中止を決めた。

医師の診断によれば、シュニンは角膜にやけどを負い、一部、聴覚を失った。

今年、熱狂的ファンによるこうした事例は他にも見られた。

ロシア・プレミアリーグのセルゲイ・プリャドキン会長は緊急会議でこう述べた。「今後、アウェーのチームは身分証明書の提示を条件にチケットを自ら販売できる、仮にファンが規則違反すれば、そのチームは次の試合を観客なしで行うことになります」

しかし、「ゼニト」のファンクラブのリーダーの一人であるエドワルド・セルジャンさんは、「フーリガン行為のとばっちりを受けるすべてのファンが気の毒です。真のファンはひいきのチームを応援するのみで相手を挑発したりしません」と述べた。