国連事務総長 北朝鮮訪問の用意を表明

国連の潘基文事務総長は29日、韓国の首都ソウルで行われたソウル平和賞の授与式に出席したさい「朝鮮半島の緊張緩和のため、個人的に朝鮮民主主義人民共和国を訪問する用意がある」と述べた。

又潘基文事務総長は、北朝鮮が朝鮮半島非核化に向けたアピールに耳を傾ける事に期待感を表した。

以前、潘基文氏は韓国の外務大臣を務めた経験があるが、現在、韓国と北朝鮮は、北が進める核プログラムが原因で軍事的政治的に厳しい対立状態に陥っている。

(「ロシアの声」より転載)