ウォッカ-アルコール=水?

=コメルサント撮影

=コメルサント撮影

ロシアで、アルコールの入っていないウォッカの生産が始まる。専門家は、ウォッカからアルコールを除くと水しか残らないため、どのような成分でつくられるのかと、首をかしげている。

ロシアで、ノン・アルコール・ウォッカの特許が認められた。「ユーグ・ルーシ(南ロシア)」グループのセルゲイ・キスロフ社長が、メドベージェフ首相が出席して開かれた、イノベーションの経済導入に関する会議で、明らかにした。

水しか残らないはずだが 

ノン・アルコールのビールやワインは、市場に以前からあったものの、ノン・アルコール・ウォッカとなると人気は出ないと、アルコール国家政策策定センターのパーヴェル・シャプキン所長は考える。

「ビールやワインの場合、特有の感覚的な特徴がすべて残されています。当然足りないものもありますが、ビール、ワインからエチル・アルコールが人工的に消されるのです。ウォッカの場合、成分が水とエチル・アルコールしかありません。アルコール分のないウォッカで特許を取得するということは、水だけのウォッカということになります。ウォッカと錯覚してしまうような何かが入っているんでしょうか」と述べた。

眉に唾をつけつつも期待 

「コメルサントFM」が、「ノン・アルコール・ウォッカを飲みますか」というアンケートを読者に行った結果、大多数の人がおかしなアイデアで、成功しないだろうと答えた。

2002年、フィンランドの「SHB」社が、ノン・アルコール・ウォッカを製造しようと計画を立てたことがあった。本来のウォッカとの違いは、エチル・アルコールが、他の化合物と代わることだと記されていた。ウォッカの風味は、本来のものと変わらないが、飲んでも、人間の体内にはアルコール成分が含まれないという。