チーズケーキ、たい焼き、カステラ・・・、モスクワで食べられる日本のデザート

Fluffy Fluffy
 ラーメン、カレーライス、なかなかおいしい寿司・・・、今やモスクワで日本の食べ物を見つけるのは難しいことではない。ではデザートはどうだろう?ここでは、モスクワで食べることができる本物の日本のデザートについてまとめた。チーズケーキ、抹茶のケーキ、ふわふわのパンケーキもある!

1. Japcakeの日本風チーズケーキ

 このケーキ店のオーナーは、日本の「ふるふるの」チーズケーキに感銘を受け、このデザートの味を再現しようと試みた。日本のケーキ店で売られているのと同様、チーズケーキの上にはクリームが飾られている。クラシカルなチーズケーキの他にピスタチオ味、ブルーベリー味、チョコレート味がある。

  • クラシック・チーズケーキ 600ルーブル(約870円)
  • ピスタチオ/ブルーベリー/チョコレート・チーズケーキ 700ルーブル(約1,020円)

*オーダーはこちらから 

2.  Matcha Wayの抹茶のデザート

 抹茶や抹茶ラテはすでにかなり以前からモスクワっ子にも親しまれている。しかし、Matcha Wayの抹茶バーではドリンクだけでなく、ムース、ケーキ、アイスクリームなど、抹茶を使ったデザートも試すことができる。デリバリーもしてくれる。

  • 「抹茶クリーム」ケーキ 340ルーブル(約500円)
  • イチゴの抹茶ムース 250ルーブル(約370円)

*オーダーはこちらから

 

3.  Fluffy Fluffyの日本風パンケーキ

 小麦粉をほとんど使わないふわっふわのスフレパンケーキは、ウサチョフ市場またはマロセイカの中央市場にあるFluffy Fluffyで食べることができる。レシピを考案したのはワジム・ニコノレンコフ(クリーム・ロイヤル・ベーカリー)。日本人パティシエ、森川英喜の元で修行をした。メニューには、様々なトッピングのパンケーキの他に、たい焼きもある。

  • イチゴのパンケーキ 399ルーブル(約580円)
  • パンケーキ「サーモン・ベネディクト」 470ルーブル(約690円)
  • たい焼き 200ルーブル(約290円)

*詳しくはこちらから。 

 

4. Yapokofeのたい焼きと宮崎アニメの棒つきケーキ

 ポクロフカ通りにある知る人ぞ知るカフェは、インスタ映えするデザートで知られている。メニューにはあんこの入ったたい焼きに、スタジオジブリのアニメや日本の鯉が描かれた小さな棒つきケーキがある。

*詳しくはこちらから

 

5. カフェ「Nagoya」のカステラと日本風チーズケーキ

 地下鉄「バウーマンスカヤ」駅の近くにある小さなカフェのテーマは、「日本のファーストフード芸術」である。カフェの経営者は、実際に日本人がどういうものを食べているのかを紹介したいと思ったと語っている。メニューには、カレーや牛丼のセットメニューとたくさんのデザートが並ぶ。あずきやピーナッツペースト「ヌテラ」が入ったたい焼きや日本風のチーズケーキ、カステラ、あずき、ブルーベリー、抹茶あんが入ったどら焼きなども食べられる。デリバリーもしてくれる。

  • 日本風チーズケーキ 1,200ルーブル(約1,750円)
  • カステラ 100ルーブル(約150円)
  • どら焼き 80ルーブル(約117円)

*オーダーはこちらから。  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる