宇宙から見たロシアの10都市(写真特集)

 宇宙飛行士のオレグ・コノネンコが、国際宇宙ステーションから夜のロシアの大都市を映した素晴らしい写真をシェアしている。

1. モスクワ

 上空から夜のモスクワを見ていると、ここが本当に眠らない都市であることを実感するだろう。

2. サラトフ 

 モスクワの南方830キロに位置するサラトフはヴォルガ川沿岸に位置している。対岸にあるのはエンゲルスという町である。

3. アナパ

 ロシア南部のリゾート地で、“シーズンオフ”には人がかなり少ないのがわかる。

4. クラスノダール 

 南部の大都市クラスノダールは快適な生活を送ることができるもっとも将来性がある街と期待されている。

5. アンガルスク 

 シベリアの産業都市で、イルクーツクにほど近い場所にある。工場が上空からもはっきりと見える。

6. ウラジオストク 

 ロシア極東の街。美しいウラジオストクの街が金角湾に沿って伸びている。

7. オレンブルグ 

 ウラル川に架かる歩道橋には、ヨーロッパとアジアの境界線を示す碑がある。

8. サンクトペテルブルク 

 ロシア第二の都市をカメラに収めるのは簡単ではない。空には常に雲が広がっているからである。しかしこの写真では青く澄んだ空が見えている。

9. アストラハン 

 街はヴォルガ川を境に2つの部分に分かれる。ほとんどの人が住んでいるのは左側。歴史的中心部で、アトラクションや文化イベントがたくさんある。

10. ノヴォロシースク

 港は上から見ると、巨大な空飛ぶ馬のように見える。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる