水上からの6つのビューポイント:サンクトペテルブルクの眺め方

Legion Media
 ロシアの「北方の首都」、サンクトペテルブルクは、どの角度から見ても見事だが、水上からの眺めがいちばん壮麗だろう。この街は42もの島にまたがって建てられており、川と運河の巨大な網が縦横に街を結びつけているかのようだ。だから、サンクトペテルブルク訪問は、素敵なボートツアーなしでは完成しない。実際、ありとあらゆる種類のツアーとルートがあり、そのうち一つを選んでもいいし、すべて試してみてもいい。

1. 古典的体験

 ボートツアーを提供する会社はたくさんある。市中心部を歩いていると、「最高の」ルートや「最も興味深い」ルートといった触れ込みのツアーを提供する多数の業者が目に入る。こうした路上の業者は避け、公式の桟橋でチケットを購入することをお勧めする。

 例えば、エルミタージュ真向いの宮殿橋の桟橋(アドミラルテイスカヤ河岸通り2番地 Admiralteyskaya nab. 2)や、ファベルジェ美術館桟橋(フォンタンカ河岸通り Fontanka nab. 21)では、1時間ごとに定期的に水上ツアーを提供している。ネヴァ川遊覧、フィンランド湾散策、運河めぐり、さらには壮大な噴水で名高い離宮ペテルゴフ行きもある。

 もう一つの素敵なオプションは、市内の乗り降り自由のクルーズだ。この船は、頻繁にかつ定期的に、6つの桟橋に停まる。桟橋はミュージアムや観光スポットの近くにある。最初の桟橋は、エルミタージュ美術館、それからペトロパヴロフスク要塞、「夏の庭園」、アニチコフ橋(ネフスキー大通りにある)、ワシリエフスキー島の出州、そして聖イサアク大聖堂だ。ボートツアーの最大手はNeva TripAstra Marine

 チケットはいつでもオンラインで事前に購入でき、通常は桟橋よりも安い。古典的な「サンクトペテルブルクの川と運河」ツアーの価格は、期間に応じて700~750ルーブル(約1180〜1260円)から。離宮ペテルゴフへの往復には900ルーブル(約1500円)かかる。乗り降り自由のツアーは、1日のチケットが950ルーブル(約1600円)。

 ツアーを購入または予約する前に、英語(または希望の言語)のオーディオガイドがあることを確認しよう。  

2. 個人でボートツアー

 サンクトペテルブルク体験を本当に忘れ難いものにしたいなら、例えば、お決まりの観光ルートはパスして、プライベートボートを借りる手もある。これは、大きなグループで旅行したり、人ごみの中にいたくない探検家や冒険好きな人向けだ。プライベート・ボートツアーは、独自のツアーで行きたい所に行ける機会を提供する。こういう業者ならふつう、あなたの好きな飲み物を持参できるので、シャンパンとグラスを買うことを忘れないように。

 この類のプライベートツアー業者は、#арендакатераспбなどのハッシュタグで、インスタグラムで見つけることができる。これらは大抵は会社ではなく、ボートやヨットを所有し、観光客や地元の人にレンタルさせる人たちだ。

 お薦めは@rustam_kateraだろう。彼のインスタグラムページで、オーナーにメッセージを送信し、オーナーと旅行について話し合うことができる。ボートも各種ある。ボートが大型であるほど料金も高くなる。6人収容できるボートの場合、価格は1時間あたり6千ルーブル(約1万円)。

 ちょっと割高だなあ、という方には、船長なしでボートだけを提供する会社がいくつかある(例えば、Na Katere)。ボートを操作するのに特別なボートの免許は必要ない(さすがロシア)。ただ指示を非常に注意深く守り、それに従えばいい。いつでもどこでも停止し、好きなようにルートを計画できる。4人乗りボートの場合、価格は1時間あたり4990ルーブル(約8400円)から。

3. セヴカベリ桟橋(ワシリエフスキー島)から出航

 ワシリエフスキー島のセヴカベリ桟橋は見逃せないスポットだ。放棄された船ケーブル工場が今ではクリエイティブな公共スペースになっている。

 セヴカベリ桟橋は、有名な堤防から素晴らしい夕日を楽しむことができて、ほぼ毎週末、ヒップな飲食店、食品、アート、音楽フェスティバルがある。これらに加えて、以後はボートツアーも加わる。

 船はこの桟橋から出発して、市の歴史的中心部に向かう。「セナツカヤ(元老院)河岸通り Senatskaya nab」、「青銅の騎士」、宮殿橋、冬宮(エルミタージュ美術館)――これらのスポットの近くの桟橋に短時間停泊する。桟橋で降りてもいいし、船に乗ったままセヴカベリ桟橋に帰ってもいい。市中心部へ往復する行程はぜんぶで2時間かかり、700ルーブル(約1200円)。

 市中心部への片道クルーズは450ルーブル(約760円)。船は1日2回、13:00と15:15に出発するが、スケジュール変更の可能性があるため、まずネットで確認することをお勧めする。

4. 水上で素敵なお食事

 もしボートツアーの予定があり、これと素敵な食事体験と組み合わせたいときは、有名な「ギンザ・グループ」のレストラン「ヴォルガ・ヴォルガ」をチェックしよう。これは、ユニークな高級レストラン兼遊覧船だ。船外デッキがあり、ネヴァ川沿いのクルーズを毎日行っている。息を呑むような絶景と文字通りダイナミックな雰囲気を提供してくれる。

 ルートは、街で最も美しい橋の下を通る。宮殿橋、ビルジェヴォイ橋(取引所橋)、トゥチコフ橋、ブラゴヴェシチェンスキー橋(受胎告知橋)、サムプソニエフスキー橋などで、また最も壮麗な河岸通りを通過する。アドミラルテイスカヤ河岸、大学河岸通り、宮殿河岸通り等々。

 レストランのメニューには、イタリア、ヨーロッパ、タイ、日本、ロシアなど、世界最高の料理の伝統が組み合わされている。メニューは主にシーフードと魚料理が中心だ。ディナーは5千~6千ルーブル(約8400~1万円)。とても高いが、間違いなくその価値がある。

 このスポットは非常に人気があるので、テーブル予約を忘れないでほしい。船は13:00、15:00、19:00、22:00、1:00に出発する。

5. 跳ね橋の下を通る夜間ボートツアー

 ほとんどすべてのボートツアー会社がかの有名な「跳ね橋ボートツアー」を提供している。このツアーは、誰のバケットリスト(「死ぬまでにしたい100のこと」を書き留めるノート)にもあるにちがいない。これこそがサンクトペテルブルクをユニークな街にしているのだから。このツアーでは、橋が「翼」を持ち上げるさまを間近から見ることができる。いつも混雑している川岸から見るよりもはるかに快適で圧倒的だ。

 夜間には何百艘もの船、ボートが競い合っており、ちょっと信じ難いような雰囲気になっている。このツアーの最適な時期は、名高い白夜の6月と7月だが、4月~10月末ならいつでも大丈夫だ。ただし、ジャケットを着ることをお忘れなく。暖かい夏の夜であっても肌寒いから。

 このナイトツアーの価格は900ルーブル(約1500円)から。

6. ロシア風パーティー

 パーティーに参加したい人のためには、特別なパーティー・ボートもある。街の美しさを楽しむだけでなく、ダンスし、カクテルを飲み、新しい友達と出会うこともできる。こんな楽しいパーティーツアーを企画する2つの良い会社がある。

 有名な船「プルガ」は、毎週金曜日と土曜日の22:00にフォンタンカ第15桟橋から出る。パーティーは4時間続き、オンラインでチケットを購入すると1500ルーブル(約2500円)、桟橋でチケットを買うと2000ルーブル(約3400円)だ。

 もう一つの会社は「Hidrovoyage」だ。出発前に行列ができるのを避けるために、オンラインでチケットを購入するまで、桟橋の正確な場所を教えてくれない。でも、桟橋は多くの場合、地下鉄のチェルヌイシェフスカヤ駅の近くにあることが知られている。

 船は毎週金曜日と土曜日の23:50に出る。パーティーは2時間続き、料金は1300ルーブル(約2200円)。チケットには無制限の飲み物が含まれており、プロのカメラマンが乗船する。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる