モスクワの象徴的建築、スターリン様式「セブンシスターズ」の中を覗いてみよう

アントン・ベリンスキー撮影
 親愛なる読者の皆さん。ロシアのスターリン様式「セブンシスターズ」の中の、アパート、ホテル、外務省として使われている3つへ、あなた方を特別にご招待しよう。

コテリニチェスカヤ堤防沿いビル(1952年完成、コテリニチェスカヤ堤防1/15)、建築家ドミトリー・チェチュリン。モスクワの一流の不動産のひとつとして残る、高さ176メートルの建物。

 昔から残る、建物の中央エントランスのドア。

 浅浮き彫りの中央エレベーターホール。

 1950年代当時から残る、アパートの部屋番号表示。

 エレベーターホールのレリーフは、「ソ連の幸せな人々」を描いている。

 中央エントランスホールのフレスコ画。

ロシア外務省(1953年完成。スモーレンスカヤ=センナヤ広場32/34)建築家ウラジミール・ゲルフレイク、27階建て高さ172メートル。

 外務省のホールのひとつは、写真ギャラリーとして使われている。

 メイン会議室。

 食堂。

 中国のアンティークの花瓶はおそらく、大使からの贈り物であろう。

 エレベーター脇のソファ。

 ロシア外務省内にある、ロシア外交歴史博物館。

ホテル・ウクライナ(1957年完成、クツゾフスキー通り2/1)、建築家アルカディ・モルドヴィノフ、高さ206メートル。

 ホテルのメインロビーにあるフレスコ画。

 ロビーにはソビエト彫刻が並ぶ。

 かつての喫煙室。現在はカクテルラウンジとなっている。

 メインロビー棟。

 メインロビー上からの眺め。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる