パトムスキー・クレーター:シベリアの森の奥の奇妙な謎(写真特集)

ここに何が着地(あるいは落下)したのか──UFOか隕石か。この高さ40㍍の構造物の本格的な調査が始まったのは2000年代だが、ロシアの科学者らはすでに真相を突き止めたようだ。

 ロシアのタイガの密林の、明るい緑色の地平線上にそびえる不気味で暗い山。高さ40㍍、幅100㍍で、まるで巨大なスピーカーのようだ。イルクーツク州北部、ボダイボ市から約210キロメートル北の遠隔地にこのようなものがあるとは、ふつう思いも寄らないだろう。

  1949年までは、現地住人でさえその存在を知る者はほんの僅かだった。彼らはそれを「火の鷲の巣」と呼び、動物さえ忌避する不吉な場所だと考えていた。この場所を訪れ、不可解な死を遂げた人もいた。飼われていた動物が、跡形もなく消えたこともあった。このクレーターにはどんな謎が潜んでいるのか。こうした一連の謎めいた出来事を、合理的に説明することはできるのだろうか。

奇妙な発見

 この独特の地形を最初に発見した科学者は、ロシア人地質学者のヴァジーム・コルパコフだ。1949年、彼は研究のためここを訪れた。クレーターを見たとき、彼は自分の目を疑った。

 「自分の頭がおかしくなったのかと思った」と彼は回想する。「遠くからだと巨大な露天掘鉱山に見え、人がいるのではと考えもした。だが人などいるはずがない。ここはタイガの密林だ。それに、NKVD(内務人民委員部)の強制労働所はこの辺りにはない。このことは確かだった。次に考えたのは、これが考古学的な人工物かもしれないということだ。だが、この地に住むエヴェンキやヤクートは古代エジプト人ではない。岩のピラミッドを作ることはできない。」

 より詳しい調査により、クレーターが石灰岩の破片でできた大きな丘で、直径約160㍍、推定重量は100万トンであることが分かった。このクレーターは、近くの川に因んで「パトムスキー・クレーター」と名付けられたが、資金不足により2000年代まで本格的な調査は行われなかった。

さまざまな説

  「火の鷲の巣」の謎をめぐって、宇宙船着陸説や地下核爆発説などさまざまな説が提案された。パトム高地に隕石が落ちたことでクレーターができたという考えを支持する人もいた。コルパコフ自身もその一人だった。人々は、このクレーターを作ったのが、1908年にシベリアのタイガに落下したツングースカ隕石の破片かもしれないと考えたのだ。また、このクレーターは、かなり深いところで断層に沿ってガスの気流が吹き出したことで形成された火山構造物なのだと提案する人もいた。

  この場所で最初に行われた複合的な科学調査では、いかなる答えも見つからなかった。調査隊の隊長が心臓発作で死亡し、この悲劇を不吉な兆しと信じる人もいた。

  それでも科学者らはこの区域の調査を続けた。その後の調査(2006年、2008年、2010年)はより実りあるものだった。 現場で採集された物質から、クレーターは約500年前(ツングースカ隕石の遥か以前)に形成され、異なる時代にできた複数のゾーンから成る円形構造体だということが判明した。

  科学者らはついに、隕石説や低温形成説(帯水層の凍結によって円錐が形成されたとする説)を退け、パトムスキー・クレーターは、含水岩へのマグマの定置、あるいは熱された含水岩の断層活動や減圧に際して起きた水蒸気爆発によってできたとの結論に達した。

 それにもかかわらず、より心踊る、現実離れした説明を好む人もいる。例えば、中性子星の破片が地球に衝突し、あまりの威力で地球を貫通したが、その出口がパトムスキー・クレーターだという説だ。 ただ、それも全く非現実的な説というわけではない。1993年には、物質が地球を貫通したと考え得る現象が、一ヶ月に2度、地球の別々の地点で観測されているのだ。

 クレーターの近辺で起きているとされる奇妙な出来事の原因は解明されていない。初期の調査で検出された磁気異常を除いて特に変わったことはなく、クレーターの中心に何か大きなものが埋まっているという証拠もない。

 どの説を信じるかはあなた次第だが、いずれにせよ、このクレーターがシベリアで最も謎めいた場所の一つであることに変わりはない。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる