ウラルで絶対に体験すべきこと10選

Getty Images
 美しい山々、失われた文明、そしてロシアの七不思議のひとつが、ヨーロッパとアジアの境界であなたを待っている。そこは食べ物もとても美味しい。

 ロシアはヨーロッパだろうか、それともアジアだろうか?冬が永遠にその力を発揮しているのはどこだろうか?「悪魔の町」は誰(または何)が建てたのだろうか?答えを探すのならウラルを訪ねてみよう。

1.   「世界のへそ」を見つける

 「ゼロ・キロメートル=道路元標」は、ほぼすべての都市で見つけることができる。しかし、この小さな商業都市クングール(ペルミ市から80km)には、「世界のへそ」の記念碑がある。それは、スィルヴァ川岸の、七つの道が交差する場所にあり、別のいくつかの都市の名がついた地帯に囲まれた場所にある。この「へそ」に腰を下ろして、これから行きたいと思う都市の方に向かって足を伸ばすんだ、そして、宇宙があなたの夢に気づいてくれるのを待つといい。実際には、冬の間は、都市名の標識はたいてい雪で覆われているから、まず最初に、雪を払う必要があるが。

2. 「終わることない冬」の中で驚くほど凍える

 クングール洞窟は、おそらく、ウラルで最も人気のある場所のひとつであり、かつ、ロシアで最も古い地下にある魅力的な場所だ。ここは18世紀から知られており、夏でも溶けることのない氷の湖と巨大な氷の鍾乳洞で観光客を惹きつけている。

3. パリとベルリンをチェックする

 チェリャビンスク地方では、19世紀半ばにロシアのコサックたちに占拠された「ヨーロッパ」の村々を30以上も見ることができる。この村々のことを聞いたことがあるだろうか もしなければ、この感動的な物語を読んでみてほしい。

4. UFOを信じる(あるいは、信じない)

 最も有名なこの特異な場所は、ペルミ地方(ペルミ市から約160km)にある。モリョプカ村は、1980年代からUFO研究者や観光客を惹きつけてきた。そして、ここでは、さらに奇妙なことが起きている。恐怖の湿地にある円や、不可思議な小さなピラミッドを、どう説明すればよいだろうか?地元の住民たちの中には、ここにUFOの宇宙基地があると信じている者さえいる。あるエリアは、「電話ボックス」と呼ばれている。そこは、携帯電話が電波を拾える唯一の場所(4m四方)だからだ。奇妙だ!

5. ウラルの餃子を試す

 ものすごく美味しい食べ物がたくさん―― ウラルで旅人たちを待っている。どの町に滞在したとしても、お腹が空く心配はない。この地域の主な料理は、餃子(ロシア語ではペリメニ)、ポシクンチキ(肉入りの小さな揚げパン)、シャンギ(ポテト生地のオープンケーキ)だ。ここでは、いろいろな具の餃子を食べることができる。例えば、ペルミでは肉とキャベツを混ぜ合わせるし、エカチェリンブルクではパイク(カワカマスの一種)のペリメニを作っている。伝統的なウラルの餃子は、普通、3種類の肉を詰めて作る、牛肉(45%)と羊(35%)、豚肉(20%)だ。サワークリームは強くお勧めしたい!ウラルはデザートも同じく美味しいことも覚えておいてほしい。

6. ウラル山脈に登る

 ウラルが古くから呼ばれてきた「ロシアの岩石群」は、3,200kmにも及んでいる。ウラル山脈は、ロシアのヨーロッパ地域とアジア地域を分けている。世界で最も古い古代からの山々のひとつもここにはある。カランダーシュ山は42億年前からあるが、ちなみに地球の年齢は46億年だ。ウラル山脈はまた、銅やマラカイト、ベリル、黄鉄鉱、アメジスト、トパーズなど、天然資源の宝庫でもある。だから、至るところで、ウラルの宝石から作られた土産品を見つけることができる。ハイキングルートはたくさんあるが、地元のガイドと一緒に山を探索する方がよいだろう、安全を期すほうがいい。

7. 失われた文明を見つける

 古代文明の残した多くの物や構造物が、ここでは定期的に発見されている。最近、スヴェドロフスク地方では、350もの古代の巨石遺跡が発掘された。ペルミ地方の近くには、「悪魔の町」と呼ばれる、巨石が立ち並ぶ地域がある。これが、本物の町のように見えるのだ!科学者の中には、この場所は何百年も前の河口であると言う者もいる。

 しかし、ウラルで最も有名な巨石群はアルカイム要塞で、英国のストーンヘッジとよく比較される。    

8.   ロシアの七不思議のひとつを見る

 この場所は、たくさんの名前を持っている。まず、いちばんよく知られている名前すら正しく発音できる気がしない。マンププニョル台地は、「偶像たちの小丘」とでも訳せよう。30〜42mの高さの岩石が6つ並んで立ち、7つめは離れたところにある。伝説によると、これらの7つの岩は、巨大な男たちだった。彼らは、この地の人々を征服しようとしたが、シャーマンによって石に変えられたのだという。実際には、これらの岩は、山が侵食されてできたものだ。

 マンププニョル台地への道のりは実に遠い。これは、ペチョロ・イリイチスク自然保護区にある。一番簡単な方法は、ペルミから日帰りのヘリコプターツアーを利用することだ。歩いて行くツアーは2週間!2008年に、マンププニョルは、ロシアの七不思議のひとつに選ばれた。

9. 劇場に行く

 クラシックバレエとオペラは、ウラルで人気である。優れた指揮者のテオドール・クルレンツィスが、ペルミ国立オペラバレエ劇場の芸術監督に就任し、素晴らしい作品を指揮している。エカチェリンブルクは、ヴァチェスラフ・サモドゥロフが芸術監督になって以降、バレエ好きたちを惹きつける場所となっている。彼は、オランダ国立バレエ団や英国ロイヤルバレエ団で、プリンシパルを務めた経験を、この地方へ授けたのである。

10. 最高の写真を撮る

 ウラルは、ナチュラリストや旅行者、そして絶景を求める人たちのメッカだ。タイガの緑に覆われた山々や、果てしない地平線を想像してみてほしい。冒険の準備はできている?

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる