モスクワのホテルの豪華スイート5選

 The Ritz-Carlton

The Ritz-Carlton

The Ritz-Carlton Moscow
 モスクワは世界で最も物価の高い都市の一つで、富豪や有名人向けのあらゆる娯楽がそろっている。ホテルも例外ではなく、豪勢な生活を求め、それを許容できる資金を持っている人のための部屋がある。モスクワのホテルで最高の部屋を5つ、ロシアNOWが選んだ。

1.「メトロポール」ホテルのプレミア・スイートとアンバサダー・スイート

アンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscowアンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscow

 このホテル自体が1899~1905年に建設されたアール・ヌーヴォーの傑作であるため、モスクワを訪問する理由として十分である。洗練されたマヨルカのモザイクがあり、一番大きなモザイク「夢の王女」はロシアの伝説的な画家ミハイル・ヴルーベリのデザインである。

アンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscowアンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscow

 メトロポールは今月、スイート・ルームのリノベーションを完了した。歴史的なインテリア、モダンなインテリアのどちらも採用されている。プレミア・スイートとアンバサダー・スイートは最も高額、最も高級な部屋である。トヴェルスカヤ広場とボリショイ劇場を一望できるだけでなく、これまで数々のVIPのお気に入りの滞在場所となってきた。

アンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscowアンバサダー・スイート=Hotel Metropol Moscow

 アンバサダー・スイートの3室には、19世紀末の内装が施されている。また、マイケル・ジャクソンが1993年にモスクワを訪れた際にひいたピアノも置いてある。

プレミア・スイート=Hotel Metropol Moscowプレミア・スイート=Hotel Metropol Moscow

 2室のプレミア・スイートの価格は若干安いが、やはりアンティークな装飾が施されている。どちらに宿泊しても、エグゼブティブ・ラウンジを利用できる。朝食、夕食、軽食、飲み放題が用意されている。

宿泊費(1泊) アンバサダー・スイート15万2810ルーブル(約29万0683円)、プレミア・スイート10万6200ルーブル(約20万2019円)~metropol-moscow.ru/en/

 

2.「アララト・パーク・ハイアット」ホテルのペントハウス

1階=Ararat Park Hyatt1階=Ararat Park Hyatt

 マドンナ、リアーナ、ジョージ・マイケル、ヒュー・ジャックマンが滞在したホテル。ボリショイ劇場わきに位置している。豪華な屋上レストランからは、モスクワを一望できる。モスクワのリッチな女子のお気に入り、有名なハイアット・ブレックファストの価格は、宿泊費には含まれていない。

 

1階=Ararat Park Hyatt1階=Ararat Park Hyatt

 中国・上海やアメリカ・ワシントンのパーク・ハイアットの部屋をデザインした季裕棠氏が、このホテルのリノベーションに携わり、メゾネットのペントハウスをデザインした。

2階=Ararat Park Hyatt2階=Ararat Park Hyatt

 ペントハウスにはたくさんの鏡や反射面が採用されている。クレムリンを望む豪華なバスとジャグジーがある。また、フランスの調香師ブレイズ・モータン氏は、この部屋のための特別なコスメの香りを調合した。

宿泊費(1泊) 35万4000ルーブル(約67万3335円)moscow.park.hyatt.com

 

3.「バルチュク・ケンピンスキー」ホテルの赤の広場スイート

赤の広場のパノラマ =Hotel Baltschug Kempinski赤の広場のパノラマ =Hotel Baltschug Kempinski

 この新しいスイートは、最近リノベーションされた際に加わった部屋。赤の広場、クレムリン、聖ワシリイ大聖堂など、モスクワ市中心部の名所のパノラマが窓から広がるのが特徴で、まるで絵ハガキの中にいるようである。このホテルは聖ワシリイ大聖堂と提携しているため、鐘楼を含めた大聖堂の個人ツアーの特典がある。

リビングルーム=Hotel Baltschug Kempinskiリビングルーム=Hotel Baltschug Kempinski

 スイートの広さは125平方メートルで、リビング、ベッドルーム2室、バスルーム2室、クローゼットがあるが、ホテル関係者によれば、宿泊者の要望に応じて、最大6部屋まで拡張可能。

ベッドルーム=Hotel Baltschug Kempinskiベッドルーム=Hotel Baltschug Kempinski

 この建物は帝政ロシア時代の1898年に建設された歴史的建造物。ロシア革命前のモスクワを外で感じながら、モダンでイノベーティブなインテリアを楽しむことができる。ホテルのある場所はモスクワの旧市街地バルチュク中州(ボロトヌイ中州)。

宿泊費(1泊) 54万2800ルーブル(約103万1896円)www.kempinski.com

 

4.「リッツカールトン」スイート

「リッツカールトン」スイート=The Ritz-Carlton Moscow「リッツカールトン」スイート=The Ritz-Carlton Moscow

 有名人のお気に入りホテルと言っても過言ではないだろう。屋上からはクレムリンの景色を楽しむことができ、写真もとれる。最も高額で最も高級な部屋は11階にある。屋上と同じぐらい見事なパノラマが広がる。

ベッドルーム=The Ritz-Carlton Moscowベッドルーム=The Ritz-Carlton Moscow

 ピアノのあるリビング、広々としたベッドルーム、大理石のバスルーム、サウナがある。

ダイニングルーム=The Ritz-Carlton Moscowダイニングルーム=The Ritz-Carlton Moscow

 装備の整ったキッチンもあるが、24時間のルームサービスがあり、この部屋専用のコンシェルジュがいるため、使うことはあまりなさそうだ。

宿泊費(1泊) 118万0000ルーブル(約224万2651円)www.ritzcarlton.com

 

5.「フォーシーズンズ」ホテルのロイヤル・スイート・ポジャルスキー

ロイヤル・スイート・ポジャルスキーのラウンジ=Four Seasons Moscowロイヤル・スイート・ポジャルスキーのラウンジ=Four Seasons Moscow

 スイートの名前からもわかるが、ただ豪華な部屋というだけでなく、ロイヤル・ゲストを迎える部屋でもある。

バスルーム=Four Seasons Moscowバスルーム=Four Seasons Moscow

 7階に位置し、キングサイズのベッドの備えられたベッドルーム3室、リビング、ダイニング、またクレムリン、マネージ広場、アレクサンドル庭園を望むプライベートなテラス、サウナ、ゲスト・バスルームがある。

 

ベッドルーム=Four Seasons Moscowベッドルーム=Four Seasons Moscow

 ホテルの建物は新しいが、1932~1935年に建設された旧モスクワ・ホテルのデザインが採用されている。非対称的な外観には伝説がある。建設チームは、一つの図面に描かれた外観案2案をスターリンに提示した。スターリンは何も言わずに承認の署名をしたため、建設チームは怖くてどちらかを選ぶこともできず、聞くこともできず、結局2案を組み合わせたという。

宿泊費(1泊) 118万0006ルーブル(約224万3858円)www.fourseasons.com

 

もっと読む:ペテルブルクの歴史的ホテル3つ>>