はるばる訪ねる価値ありの音楽フェス

ピクニック・アフィシ。現代音楽の祭典で、会場は歴代ツァーリの離宮「コローメンスコエ」にあるモスクワ有数の美しい庭園。複数のステージで演奏が行われる他、屋外の娯楽や教室、ミニ見本市などのイベントもある。一番の目的はやはり音楽だ。

ピクニック・アフィシ。現代音楽の祭典で、会場は歴代ツァーリの離宮「コローメンスコエ」にあるモスクワ有数の美しい庭園。複数のステージで演奏が行われる他、屋外の娯楽や教室、ミニ見本市などのイベントもある。一番の目的はやはり音楽だ。

=Afisha Picnic
 ロシアの野外イベントの発展には勢いがある。中でも大型イベントは欧米と十分に競えるものとなっている。入念な企画、楽しい雰囲気、目玉となる世界レベルのスターなど。今年の夏はどこで良い音楽を聴くことができるのだろうか。ロシアNOWが調べた。

アフマッド・ティー・フェス

6月24日、モスクワ

 第7回イギリス音楽祭「アフマッド・ティー・ミュージック・フェスティバル」は、イギリスとロシアの音楽文化の架け橋になることをその目的としている。ムゼオン芸術公園で行われる野外イベント。今年のヘッドライナーは、ロック・バンド「ザ・ヴァーヴ」のボーカルで、「ビター・スウィート・シンフォニー」や他のヒット曲の作詞者であるリチャード・アシュクロフト。モスクワでパフォーマンスするのは初めて。他には、人気上昇中の北ウェールズのロック・バンド「キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン」も出演する。ニュー・ウェーヴ、UKガラージ、インディー、グランジの要素を一つにした音楽が特徴。デビュー・アルバム「ザ・バルコニー」は、2016年冬のプラチナとなった。

www.ahmadteafest.ru

 

ウサジバ・ジャズ

7月1日、モスクワ(アルハンゲリスコエ宮殿)

7月29日、サンクトペテルブルク(エラーギン島)

Press Photo Press Photo

 ロシア最大の国際野外ジャズ祭。ジャズだけでなく、ブルース、ラウンジ、ファンク、その他の音楽を聴くことができる。2004年に始まり、世界の有名な大物や若き天才など、ミュージシャン600人以上がすでに出演している。

 モスクワのステージには、アメリカのアフリカ・ラテン系ソウル歌手ラウル・ミドン、ノルウェーの電子ジャズのベテランであるニルス・ペッター・モルヴェル、イスラエルの歌手でエチオ・ジャズ、リズム・アンド・ブルース、ソウル、ファンクの要素を取り入れているエステル・ラダなどが出演する。

 サンクトペテルブルクのステージには、世界で最も有名なジャズ・ギタリストの一人でグラミー賞の最優秀ジャズ・アルバム賞を2回受賞しているアメリカのジョン・スコフィールド、ブラジルのオーディション番組「声」のファイナリストであるジュ・モラエス、西アフリカの弦楽器コラを使うことを考えたフランス・ギニア系グループ「バ・シソコ」などが出演する。

www.usadba-jazz.ru

 

パーク・ライブ

7月5日、モスクワ

イェヴゲニヤ・ノヴォジェニナ/ロシア通信イェヴゲニヤ・ノヴォジェニナ/ロシア通信

 ロック音楽祭「パーク・ライブ」は5年目になるが、プログラムがとても充実しているため、すでに象徴的なイベントになっている。これまでに、アメリカの「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」、イギリスの「ザ・キルズ」、アメリカのラナ・デル・レイ、イギリスの「ミューズ」などが出演している。ロシアの伝説的なバンドや才能豊かな若手が出演するため、ロシアのロックを聴いてみたいという人にも、良い機会となる。

 今年のヘッドライナーは、オルタナティブ・ロックのアメリカのバンド「システム・オブ・ア・ダウン」とカナダのバンド「スリー・デイズ・グレイス」。また、オルタナティブ・ロックのスコットランドのバンド「ツイン・アトランティック」や、ロシアの女性ボーカルのロック・バンドで鋭い社会的な曲を演奏する「ルナ」も出演する。

www.park.live

 

ピクニック・アフィシ

7月29日、モスクワ

Afisha PicnicAfisha Picnic

 現代音楽の祭典で、会場は歴代ツァーリの離宮「コローメンスコエ」にあるモスクワ有数の美しい庭園。複数のステージで演奏が行われる他、屋外の娯楽や教室、ミニ見本市などのイベントもある。一番の目的はやはり音楽だ。

 今シーズン最大の目玉はイギリスの人気バンド「カサビアン」。2009年に解散したバンド「オアシス」のスタイルを継承している。また、ポップスと大胆な実験の間でバランスを模索するイギリスのインディー・ロックバンド「フォールズ」、最近、旧ソ連圏で一躍人気となったウクライナのラップ・グループ「グリブィ」も出演する。

picnic.afisha.ru

 

アルファ・フューチャー・ピープル

7月7~9日、ボリショエ・コジノ(モスクワの東400キロ)

Alfa Future People FestivalAlfa Future People Festival

 ロシアでは今年、電子音楽祭「センセーション」が開催中止となった。だがこのジャンルが好きな人には、国際電子音楽・現代技術祭「アルファ・フューチャー・ピープル」がある。これは典型的な郊外の野外フェスティバルで、訪れる人は好きなように滞在方法を決める。テントを持参して気ままに、ホテルに宿泊、または必要な物をのせてキャンピングカーで、など。

 サイケデリック・トランスとダブステップのイスラエルのグループ「インフェクテッド・マッシュルーム」、アイスランドの電子音楽バンド「グス・グス」、アメリカのビートメーカー「アラアブムジク」などが、出演者として名を連ねる。

 また、さまざまな国の有名DJも出演する。名簿は公式ウェブサイトで確認できる。

www.afp.ru

もっと読む:ロシアのダーチャ史:チェーホフの時代から現代まで>>>