ロシアのダーチャ史:チェーホフの時代から現代まで

夏になると、街中に暮らすロシアの住民の多くはダーチャに”逃避”する。ダーチャとは田舎の別荘で、国民の魂の奥底に食い込んでいる。/1901年、ダーチャで家族茶会

夏になると、街中に暮らすロシアの住民の多くはダーチャに”逃避”する。ダーチャとは田舎の別荘で、国民の魂の奥底に食い込んでいる。/1901年、ダーチャで家族茶会

N. Scshapov / Press photo
夏になると、街中に暮らすロシアの住民の多くはダーチャに”逃避”する。ダーチャとは田舎の別荘で、国民の魂の奥底に食い込んでいる。
アントン・チェーホフの「桜の園」で描写されているように、1917年のロシア革命以前の20世紀初頭、ダーチャは領地のようなものだった。テラス付きのおもむきある木造の建物、執事、食後の散歩道、家族の音楽会、読書の夕べが、ダーチャの構成要素だった。冬になると、街へと帰っていくのであった。/1900年代、ダーチャで休むピアニストのオリガ・グネシナ
ロシア革命後にすべてが変わる。このような領地は「ブルジョア」の烙印を押され、国に没収された。新しくなった国の生活は、紅茶を飲みながらくつろいだり、葉が敷きつめられた遊歩道を優雅に散歩したりするのではなく、すべての国民を働かせるものだった。/1900年、ダーチャでジャムづくり
ソ連時代初期、文化学術の分野の著名人および高官のみに、ダーチャが与えられた。/1909年、ダーチャ滞在者が石造りのダムのまわりを散歩
ノーベル文学賞受賞者であるロシアの詩人および作家のボリス・パステルナークは、モスクワ郊外のペレデルキン村にある自身のダーチャに20年以上暮らした。隣人も有名人ぞろいだった。例えば、人気のロシアの児童詩人、コルネイ・チュコフスキー(写真)がいる。/1958年
第二次世界大戦後、ソ連政府は土地を国民に割り当てた。土地は狭く(600平方M、約180坪)、「600」と呼ばれていた。ダーチャの所有者は敷地内で小さな家を建て、残りの土地を畑にした。/1953年、「鎌・槌工場」の電気技師アンドレイ・セルゲエフのダーチャ
ダーチャはプライバシーを求める人にとって楽園、ソ連の国内追放の領域でもあった。/1957年、機械工学士ウラジーミル・サヴィンが自身のダーチャに
子供たちは夏休みの3ヶ月間、母親や祖父母とともにダーチャに送られた。初恋をし、自転車の乗り方を覚え、湖で泳ぎ、釣りをした場所である。/1950年、モスクワ近郊の村にいる休暇中の家族
21世紀に入り、多くのことが変わった。許容できる限り、ダーチャの土地を好きなだけ購入することができるようになり、ダーチャの一部はそれまでの典型的な木造の家ではなく、コテージのようにおしゃれになっている。それでも、いまだにダーチャと呼ばれており、多くの家族が夏をここで過ごしている。一家そろって数ヶ月間ダーチャに滞在するが、街に戻って仕事をしなければならない父親(または他の稼ぎ手)もいる。/1913年、ダーチャの外観(カルル・ツベンタル所有) 
ロシアのダーチャの歴史についての写真展は、7月5日までモスクワのソコリニキ公園で行われていた。貴重な写真はモスクワの国立公文書館の保管品。/1997年、ソ連の女優イリーナ・アルチポワと孫がダーチャで休暇