シベリア式茶道の一期一会

Alamy/Legion Media撮影

Alamy/Legion Media撮影

広大なシベリアは茶の伝統を世界中から取りいれ、独自の伝統も生みだした。シベリアではどのように茶が飲まれているのか、「かじり」茶とは何か、トゥヴァ共和国やハカス共和国の遊牧民はどのような茶を飲んでいたのか、また現代人はどのような茶を魔法瓶に入れているのか。

 ガラス製のティーポットの底にタイムの細かい紫色の花を振り入れ、乾燥したメリッサの葉とスグリの葉を入れて、最後に高山植物サガン・ダリ(カラフトミヤマツツジ)の葉を少し加える、というのが私流。キッチンは5分後、タイガ、山、シベリアのベリーの繊細で豊潤な香りに満たされる。

 

「かじり」茶


Lori/Legion Media撮影

 ルーシでは古くから、紅茶を2つの作法で飲んでいた。それは「かじり」紅茶と普通の「入れ」紅茶。「かじり」(または「砂糖通し」)とは、大きな砂糖のかたまりをくだいて小さな欠片「白い石」にし、それを前歯ではさんだまま、熱い紅茶を飲む作法のこと。こうすることで紅茶が甘くなる。

もっと読む:


伝説のサモワール

 シベリアでも昔から「かじり」茶が飲まれていたが、シベリア特有の言い方(一般的にはЧай «вприкуску» - Chai «vprikusku»だが、シベリアではЧай «с прикуской» - Chai «s prikuskoi»と言う)で、茶会の新しい意味が込められていた。1895年の書籍「シベリア生活の思い出」には、「かじり茶を飲むのか、と奥さんに聞かれたので、飲む、つまり砂糖をかじっている、と答えた」と書かれている。シベリアのかじり茶とは、茶を飲みながら甘いパイや手製のケーキを食べることを意味する。お供はヴァトルシカ(チーズやジャムをのせた小型パイ)、ジャム、またはシベリアでエスヴィトと呼ばれるビスケットなど。

 シベリアで茶は、農民にとっても、貴族にとっても、商人にとっても、ずっと重要な飲み物となってきたし、トムスク県の県知事が20世紀初め、生活必需品を免税にせよとの命令を出したのも妥当であった。そう、この中には茶が含まれていたのだから。茶のお供の焼き菓子は茶会には付き物で、シベリアっ子の家に招かれたなら、きっと納得できるだろう。

 

ミルクと塩の入った茶


Alamy/Legion Media撮影

 シベリアの遊牧民、トゥヴァ人、ハカス人、アルタイ人は、乳と塩の入った茶を飲んでいた。この茶の伝統はシベリアならではというわけではなく、モンゴルやチベットにも昔から存在していた。そのため、しょっぱい茶を煎れる伝統は世界中にたくさんある。

 茶を「スッツグ・シャイ」と呼ぶトゥヴァ共和国では例えば、今日の茶道とはどのようなものなのだろうか。板状の緑茶を冷たい水に浸し、そのまま沸騰させ、ラクダや羊の乳(これが最高とされる)を追加する。そして大きなスプーンで乳の入った茶をすくい、高い位置から叩きこむように戻しながらかき混ぜていく。再び沸騰したら、塩を加える。溶かしたバターや脂肪の多い羊尾を入れることもある。塩と乳の入った茶はお椀に注ぐ。

 このような飲み物をトゥヴァ人は古来から大切にしていた。のどの渇きをいやし、力を与えてくれる。広大な大自然の中を集団で移動していた遊牧民にとって、これは特に重要だった。寒く、ステップや山岳地帯で冷たい川の水と氷しかない時、熱い茶は体を温め、病気を防いだ。トゥヴァ共和国では今日、乳と塩の入った茶を道端のカフェ・ユルト(移動住居)、カフェ、民族料理店などで味わうことができる。クラスノヤルスクやオムスクには、例えば、トゥヴァ茶を試飲するだけでなく、その茶道に参加し、シベリアの遊牧民の伝説や歴史について聞くことのできる「喫茶ユルト」と呼ばれる場所がある。

 

ハーブ茶


Shutterstock/Legion Media撮影

 だがシベリアでもっとも愛飲されているのはハーブ茶。シベリアっ子が自然豊かな野外に遊びに行く時は、ティーバッグで煎れる普通のハーブ茶ではなく、ハーブの混合物から煎れた茶を、魔法瓶に入れて持っていく。職場、オフィスなどでこのような茶を飲むと、まるで夏の森林の中にいるような気分になる。

 シベリアっ子が茶に入れるハーブは多種多様。例えば私は朝、コーヒーの代わりにサガン・ダリの葉の入った紅茶を飲む。サガン・ダリとは、サヤン山脈の標高の高い場所、チベット、ブリヤート共和国の丘陵地帯で育つ低木で、滋養強壮効果がある。チベット人はサガン・ダリの葉について「寿命を延ばすハーブ」と語っていた。

 逆に落ち着きたい時、リラックスしたい時、ぐっすり眠りたい時、シベリアではティーポットにタイム、メリス、スグリの葉、マジョラムを入れる。シベリアではハーブ茶のお供として、蜂蜜、コケモモ、チェリーパイ、松の実をテーブルに並べる。また、どこかの家庭でもてなされる時、荒々しくてとても香りの高いモミ茶がふるまわれることもある。シベリアのハーブ茶の人気は、地元の家庭の枠を超えて、ロシア全土に広がりつつある。