ロシア人の4割は酒を一切飲まず

ソ連の反アルコールポスター=

ソ連の反アルコールポスター=

アーカイブ写真
 ロシア人の39%が絶対禁酒主義者だという。アルコールを一滴も飲まない。本当なのだろうか。「全ロシア世論調査センター(VTsIOM)」の調査によれば、これは本当である。

 2009年の調査では、酒を一切飲まない人は25%であった。短い期間で割合が大きく増えている。飲むと回答した人は59%。だがその大半が1ヶ月に数回飲む程度だと答えている。ひんぱんに飲んでいると回答した人の44%は、ここ1年で飲む量を減らした。以前よりもたくさん飲むようになったと答えた人はわずか4%だった。

 ウォッカの消費が減少していることは、以前から明らかになっていた。「ロシア連邦大統領付属経済・国務アカデミー(RANEPA)」のアレクサンドラ・ブルジャク上級研究員は昨年、こう話していた。「ウォッカの販売は激減している。前年同期比で13.4%減。売上高の減少は2015年に起こっていた。2014年と比べて12.6%減だった」

 ロシア連邦保健・社会開発省のヴェロニカ・スクヴォルツォワ大臣は昨年、ロシア人の平均余命が71.2歳に上昇し、その要因の一つが「健康的なライフスタイルへの変化、喫煙量、アルコール消費量の減少」であると報告していた。

 

資料:「全ロシア世論調査センター(VTsIOM)」