なぜロシア人は酒をたくさん飲むのか

画像:エカテリーナ・ロバノワ
 「ロシアはなぜ...」、「プーチンはなぜ...」。ロシアについて検索される疑問で一番多いものを選び、「なぜロシアは」シリーズの記事で詳細に答えたい。今回は、なぜロシアは酒好きの国として有名になったのか。

 2011年、ロシアに関するおもしろい事実を集めたホームページがあらわれた。モスクワで英語を教えているカナダ人がまとめたもの。一部の項目はロシア人の同意を得られなかったが(「ありがとう(スパシーバ)」、「どういたしまして(パジャールスタ)」を言わない、など)、17番目の項目には誰も異議をとなえなかった。それは「ロシア人はウォッカをたくさん飲む。これはつくり話ではない」

 ロシアのアルコールへの愛というのは、ロシア自体がまだなかった時代から言われていた。「原初年代記」(12世紀始めに編纂された現存する年代記としてはロシア最古)によれば、ルーシのウラジーミル公が異教徒スラヴ人の宗教を選ぼうとして、イスラム教はアルコール禁止だということを知ると、すぐにアラーの神への信仰をルーシで広めるのは無理だと判断した。「ルーシは陽気に飲む。これなしではやっていけない」とウラジーミル公は話した。

 とはいえ、ロシア人は当時、ウォッカではなく、ワインと強い蜜酒を飲んでいた。ロシアにウォッカが登場したのは、歴史学者によれば、16世紀以降である。ただ、すぐに、クマ、マトリョーシカと並んで、ロシアのシンボルとなった。ソ連の作家ヴェネディクト・エロフェエフの物語詩「酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行」では、ロシアとヨーロッパの飲酒の特徴に境界線を引くよう、皮肉的に推奨されている。「境界線の片側ではロシア語を話してたくさん飲み、別の側では少なく飲んで非ロシア語を話している」

 

遺伝と歴史

 一体なぜ、ロシア人はたくさん飲むのだろうか。スヴェトラーナ・ボリンスカヤ生物学博士によれば、理由の一つは遺伝だという。ロシア人の体内では、他のヨーロッパ人の体内と同様、アルコールが二日酔いや不快な効果をもたらす毒性のあるアセトアルデヒドに分解される時間が遅い。「遺伝子がロシア人の飲酒を強いているのではなく、許容していると言うことができる」とボリンスカヤ博士。

 別の理由は、国の飲酒の規制の仕方にあった。歴史学者アレクサンドル・ピジャコフ氏によれば、16~17世紀、ツァーリ(皇帝)が国家居酒屋システムを導入。居酒屋の店主はウォッカおよびワインの販売量、消費量にかかわらず、国庫に指定された金額を納めなければならなくなり、これによって店主がより多く販売するようになったのだという。政府は酒の販売による利益をたくさん得ることができ、ロシア人は徐々に飲酒に慣れていったのだという。「政府は体系的に居酒屋を習慣化させた」とピジャコフ氏。

 ロシアの政府はやがて、国をアルコール漬けにすることの危険性を感じるようになる。19世紀から20世紀初めには、禁酒主義者の運動が発生。第一次世界大戦が勃発した1914年には、ニコライ2世がアルコールを全面的に禁じた。1917年、ロシア革命でボリシェヴィキが政権に就いたものの、禁酒は1923年まで続いた。その後、ソ連政府は反アルコール・キャンペーンを何度か宣言。ミハイル・ゴルバチョフ氏のもとで1985~1990年に行われたキャンペーンが、最大規模であった。この時は一日に販売できる時間が5時間に短縮され、価格が引き上げられ、ブドウ園の木の伐採まで行われた。

 

飲酒の量は減ったがまだまだ

 さて、歴史から現代に戻ってみると、今のロシア人はまだたくさん飲んでいる。ただ、ここ5年は減っている。「世界保健機関(WHO)」の報告によれば、2010年、ロシアの一人当たりの年間平均アルコール摂取量は15.1リットルで、ベラルーシ(17.5リットル)、モルドバ(16.8リットル)、リトアニア(15.4リットル)に次いで第4位であった。2016年は、ロシア連邦消費者権利擁護・福祉分野監督庁(消費者監督庁)のデータによれば、ロシアの一人当たりの年間平均摂取量は「純粋なアルコールにして10リットル強」(正確な数字は記載されていないが、15リットル以下)。

 「数字から判断する限り、ロシア人の飲酒量は減っている」と、ワイン批評家アントン・オブレシコフ氏は、文化とライフスタイルのウェブサイト「アフィシャ・ル」の2016年末の記事で話している。消費者監督庁も、「アルコール消費量は2009年と比べると減少した」と同様の見解を示している。とはいえ、消費者監督庁は、一人当たりの年間平均アルコール摂取量が8リットルを超えると国民の健康に害になる、とのWHOのデータに触れながら、過剰飲酒防止への取り組みがさらに必要だと言っている。