キノコへの熱き思い

Vostock-Photo
 「静かな狩猟(キノコ採り)」は、どのロシア人でも体に染みついていると言える。白いキノコ(ヤマドリタケ)、キンチャクヤマイグチ、アンズタケは、児童向けの本だけでなく、ロシアの報道でもよく見る。マスコミは、キノコ採りシーズンの到来を積極的に伝えている。モスクワに暮らす、ロシアNOWのドイツ人記者ペギー・ローゼが、ロシア人のキノコに向ける情熱、自身が受けた影響について語る。

 キノコのシーズン真っ盛り。女友だち3人と森の中を数時間歩き回った後、バケツ一杯のキノコを持ってモスクワ市に向かう。キンチャクヤマイグチ、ヤマドリタケ、ヌメリイグチ、アミタケがこのキノコ採りの一大成果。夕飯はキノコのスープに決まりだ。乗り合いバスは人で一杯で、座る場所がない。バケツを足の間で固定しながら、立って進む。「その白いのは何?もう育ち始めたの?」と隣の女性が私に話しかける。ベビーカーに乗っている赤ん坊を見るように、私のバケツの中身を見る。そしてキノコのカサを触った。「しっかりしてるわね!この先たくさんの作業が待っているわよ」と言いながら笑い、私たちに場所を空けて、自分のバス停で降りていった。

 キノコの入ったバケツを持って森から帰る場合、生活はすぐに楽になる。ヒッチハイクして家に帰りたければ、ほとんど玄関の前まで無料で送ってもらえる。そのまま店に買い物に行くと、店員はキノコに注目する。白いキノコは何かで隠した方がいいかもしれない。一応、念のため。

ペギー・ローゼのキノコ採りペギー・ローゼのキノコ採り

 

キノコの科学

 友だちの恒例の「キノコ熱」を眺めながら、外国人である私は、キノコについて多くのことを科学的観点から学んだ。多くの名称は、例えば、ロシア語でしか知らない。夏が始まった頃から、どんなキノコを採っていいか、どんなキノコを避けた方がいいか、どこを探すべきか、どうやって処理すべきかといった理論を、詳細に説明された。秋になったら、森に行くグループの一員になるための教育。

 実際にキノコを採っていると、どんなことでもあり得る!スポーツとはあまり縁のない知り合いの男性は、ヌメリイグチの育つ領域を見つけるために、5~6時間連続で歩くことぐらいへっちゃら。

 

家族生活におけるキノコの役割り

 私の女友だちのお父さんは、普段は厳しくて、とても無口な、元工場長。だが大ぶりの白いキノコをちら見しただけで、人格が変わる。キノコの話になると、「グリボク」や「グリボチェク」なんて可愛らしくキノコを呼ぶ(キノコはロシア語でグリプと言うが、愛称形でグリボクやグリボチェクとなり、日本語で言うところの「キノコちゃん」のようなニュアンスになる)。そして、集まったキノコを優しくなでたり、キスしたりと、とても嬉しそうだ。だから、ロシアにはジョークまである。キノコは、奥さん連中よりも甘美な言葉をたくさんかけられると。

 キノコのシーズンになると、ロシアの家庭では役割分担、シフトがあらわれる。お父さんは子どもを連れて早朝から森に行き、お母さんはその間家に残って寝る。お父さんと子どもが「静かな狩猟」から帰ってくると、家族全員で食事をとり、休み、キノコを処理する。夜から深夜にかけて、今度はお母さんの番。子どもたちと、または一人で、キノコを煮たり、焼いたり、塩漬けにしたり、マリネにしたりする。キノコ、またベリー、リンゴなどの自然の恵みを採れる何週間もの間、ロシアの家庭は休日をこのように過ごす。

ペギー・ローゼのキノコ採りペギー・ローゼのキノコ採り

 

体に染みついている

 なぜロシアにはこんな「キノコ熱」があるのだろう。キノコへの愛は幼少時代に始まるのか、それともロシア人の遺伝子に組み込まれているのか。ロシアの児童が学ぶ初頭読本には、キノコ関連がたくさんある。ドイツの児童が知っているのは、せいぜいテングタケと白いキノコぐらいだ。だがロシアの児童はアカモミタケ、ヤマドリタケ、ヌメリイグチなんて知っている。なじみの言葉だから、キノコの名前を使って読むことを覚えているのだ。

 ロシアに暮らす外国人にアドバイスしたい。同僚、見知らぬ人、列車や飛行機で一緒になった人、または上司と、なんとなく気まずくなったら、キノコの話をしよう。双方の関係は魔法のようにすぐにスムーズになるから。

もっと読む:キノコのサワークリーム漬け焼きのレシピ>>>