露世論「日本とは友好な関係」多数

ソチ五輪開会式で入場行進する日本選手団=

ソチ五輪開会式で入場行進する日本選手団=

AP通信
 ロシア国民の多くが、日本との関係を友好的だと考え、重視している。「全ロシア世論研究センター」が日本外務省の依頼を受けて実施した調査の結果が1日、発表された。

 「日本とロシアは現在どのような関係にあるか、との設問に、78%のロシア人が『友好的』または『どちらかといえば友好的』と答えた」と、日本外務省がウェブサイトで公開した文書に記されている。また、両国の友好関係を「重要」または「どちらかといえば重要」と答えたロシア人は97%いた。

 世界で最も信頼できる国として、9.9%のロシア人が日本をあげ、第2位になった。第1位は中国で、回答者の25%があげている。第3位はインド(9.6%)だった。

 日本とロシアが協力すべき分野については(複数回答可能な設問)、90%のロシア人が科学技術をあげている。さらに79%が貿易・投資分野をあげた。

 この世論調査では、両国の領土問題についても聞いている。ロシア人の53%が択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島はロシア連邦内のままであるべきと考えている。一方で、42%が双方に受け入れ可能な解決が必要だと答えている。

*タス通信の記事の全訳

もっと読む:日本に49項目の協力プラン提案>>