本当か嘘か:銃に関する5つの神話を特殊部隊将校が切る

Chuck Russell/Warner Brothers,1996
 枕で銃声を消したり、木に隠れて銃弾から身を守ったりすることはできるのだろうか。

 ハリウッド映画で日常的に目にする銃撃戦。プロの射撃手や軍人の監修を受けている場合もあれば、映画監督の想像の産物に過ぎない場合もある。

 我々は特殊部隊の教官に、映画で目にする銃に関する神話が本当か嘘か尋ねた。以下がその答えだ。 

神話その1:枕で消音できる。

嘘。

 銃声は少し弱まるかもしれないが、枕ではどうにもならない。グラスウールを撃ち抜くのと同じだ。家庭用品でサイレンサーの代わりになるものはない。

 銃声を消す際の鍵は弾薬そのものにある。耳に聞こえる発砲音は、弾丸が音速を超えて秒速333㍍以上の速度に達することで生まれている。

 亜音速弾の発砲音を消すことはできるが、標準的な拳銃弾は何を使っても消音できない。

神話その2:木で弾から身を守れる。

本当でもあり嘘でもある。

 我々はいくつかの地域でこうしたテストを行った。5.45×39 mm弾を使うAK-74で試した。弾が止まった木もあれば、貫通した木もあった。

 すべては木の粘度と密度次第だ。

 白樺では身を守れないが、樫なら大丈夫だろう。

神話その3:左右それぞれの手にアサルトライフルを持って敵を倒せる。

嘘。 

 標的に向けて撃っても、どこに弾が飛ぶかは予測できない。左右それぞれの手に別々のマシンガンを持って周囲の50人を倒すシュワルツェネッガーやスタローンの映画は忘れた方が良い。現実にはあり得ない。 

 両手に拳銃を持って撃つのはエレベーターなどの狭い空間では有効な場合がある。それ以外の状況では、世界有数の射撃手でもせいぜい15㍍以内の相手しか仕留められないだろう。

 両手で1丁の拳銃を構えて撃つ方が効果的かつ正確で、しかもずっと速い。30㍍離れた標的でも仕留められる。

神話その4:岩で跳弾が起こる。

本当。

 すべては岩に当たる際の入射角次第だ。

 この際、弾薬は関係ない。徹甲弾だろうが鋼鉄のコアを持つ標準的な軍用の弾だろうが同じだ。

 すべて跳弾を起こすだろう。

神話その5:AK-47は鉄道のレールを貫通する。

本当。

 AK-47は徹甲弾を使えば鉄道のレールを撃ち抜くことができる。

 標準的な弾薬では、正しい角度で着弾すればレールに凹みができるだろう。それ以外の場合は跳弾を起こす。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる