2021年の戦勝記念パレードに登場する兵器

 ロシアは「タイフーン」やTOSミサイルシステムなどの最新兵器を披露する予定だ。

 5月9日、12500人以上の軍人が190台の兵器に伴われてモスクワ中心街を赤の広場に向かってパレードし、大祖国戦争(独ソ戦)の終戦76周年を祝う。

陸軍

 今年は35種の兵器が街路を走り、その上空を飛ぶ。パレードを先導するのは、大祖国戦争の戦況を変えるのに一役買った伝説的なT-34戦車だ。今なお動くこのレトロ兵器は、いずれまた国境が開かれれば、モスクワ州の愛国者公園でも見ることができる(試乗もできる)。

 T-34に続いて、観客は装甲兵員輸送車「ブーメランク」や装甲車「タイフーン」など、最近配備されたばかりの最新兵器を目にすることになる。

装甲兵員輸送車「ブーメランク」

 これらの車両に、歩兵の乗った軽装甲車BMP-2やBMP-3が続くだろう。

 次に登場するのは、「ヤルス」などのロシア最強の大陸間弾道ミサイル複合だ。

「ヤルス」大陸間弾道ミサイル複合

 2021年のパレードでは、S-500「プロメテーイ」も披露されると見られていたが、これは実現せず、公開は来年に先延ばしされた。

 その代わり、モスクワの街路にS-400対空ミサイルシステムと「イスカンデルM」ミサイルシステム、そしてTOS-1が現れるだろう。

空軍

 今年のパレードの空軍の目玉となるのが、Su-35S戦闘機に伴われたTu-160長距離戦略爆撃機の儀礼飛行だ。

Tu-160長距離戦略爆撃機

 また今回初めて、3機のMi-26重輸送ヘリコプターがパレードの航空部門を率いることになる。Mi-8輸送戦闘ヘリコプターとMi-35攻撃ヘリコプター、Ka-52ヘリコプターがそれに続き、曲技飛行隊「ベルクトィ」もMi-28Nヘリコプターに乗って現れる。

Ka-52ヘリコプター

 航空ショーにはTu-160戦略爆撃機、Tu-95MS戦略爆撃機、Il-78空中給油機、Il-76輸送機、Su-35Sジェット戦闘機、Su-34爆撃機、Su-24M爆撃機なども参加する。

Tu-95MS戦略爆撃機

 パレードを締め括るのはMiG-31K迎撃戦闘機とSu-57多用途戦闘機、そして3つの曲技飛行隊(リペツク航空センター、ルースキエ・ヴィーチャズィ、ストリージ)の儀礼飛行だ。

Su-57多用途戦闘機

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる