自衛隊が米国のF-15をロシアの戦闘機に変身させる(写真+動画)

Public Domain
 日本にも独自のアグレッサー部隊がある。その迎撃機の一部のカラーリングは……ロシア風だ。

 おそらく、ロシア風のカラーリングがなされた米国のF-16戦闘機や、尾翼に赤い星が描かれた米国のF-18 戦闘機を見たことはあるだろう。

 周知のように、こうしたことは通常はアグレッサー部隊と呼ばれる飛行隊で行われる。敵機に見立てた戦闘機を使って、空軍パイロットの戦闘訓練を行うためだ。

 自衛隊にも独自のアグレッサー部隊がある。こちらがその画像だ。

 新田原(にゅうたばる)基地の飛行教育航空隊のF-15DJ。米国のアグレッサー部隊の場合と同様、ロシアのスホイ戦闘機に似せるため、しばしば青いカラーリングが用いられる。

飛行教育航空隊のF-15DJ

 F-15(かつて同飛行隊は三菱T-2戦闘機を用いていた)に用いられるその他のカラーリングに、米軍が攻撃機に採用しているパターンの一つ、「シベリア」がある。

 さまざまな「ロシア風」のカラーリングを施された米国製のF-15戦闘機は、最新のスホイ戦闘機には劣るものの、なかなか美しいものだ。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる