ロシアの氷を渡る橋はどのように作られるか

Yegor Aleyev/TASS
 北部の都市では、地元の人々が凍った川を渡る。このような橋を建設するのは簡単なことなのだろうか?しかし、それは簡単なことではない。

 サレハルドとラビトナンギの住民は、いつもお互いを行き来する。サレハルドには、空港、映画館、ナイトクラブが、ラビトナンギには、鉄道駅とはるかに安価な製品がある。ヤマル半島のこれらの都市はどちらも、オビ川を挟んで向かい合っている。文字通りまっすぐ近くにある。しかし、地元の人々にとっては、ここには橋がないので、川を横断するのは本当の冒険になっている。夏には普通のフェリーが行き来しますが、冬にはこれらの都市の住民のために新しい道が開き、氷を越えることができる。そのような渡る方法は、アルハンゲリスク州からサハ共和国まで、ロシアのほぼすべての北部地域で見ることができる。

サレハルド

道を埋めるための準備

 氷の渡し、または「冬の道路」は、単に水面上の均された道路というだけではない。これは道路交通規則とそれらの間の一定間隔で置かれた線状のシステムである。氷上では、時速40キロメートルの制限速度を遵守する必要がある。川に氷の地殻が形成された瞬間から、道路用の氷の橋を準備するのに通常2〜3週間がかかる。この時間は、車が乗れるような厚さに氷が凍結するために必要だ。

「冬の道路」の建設、サレハルドーラビトナンギの道路

 板が渡しの全長に沿って配置され、その後、強度を高めるために水が注がれる。これは「凍結プロセス」と呼ばれている。これは次のようなものだ。いくつかの場所で、穴が開けられ、ポンプで水を汲み上げて、氷と板の上に広げる。次に、トラクターを使用して、または人力で水を平らにして、均等に凍結させる。この後にのみ、道路標識と照明が設置される(ただし、どこでも行われるわけではない。このために川岸から電気ケーブルを引っ張る必要があるからだ)。

「冬の道路」の建設、サレハルドーラビトナンギの道路

 氷の厚さが20 cmを超えると徒歩で安全に横断できる。38 cmを超える場合は、車での横断が許可され、氷が0.5メートルに達すると、トラックでも道を通ることができる。このような渡しの最大車両重量は30トンだ。

 サレハルドの渡しは、幅30メートルで、長さ1700メートルに及ぶ3車線がある。サレハルドからだとすべての車用の一車線のみで、ラビトナンガからは2車線、車に一車線、鉄道駅に到着した貨物を輸送するトラック用に一車線ある。

 「渡しを渡りきるのにかかる時間はわずか15分です」と地元住民のタチアナ・モフノヴァは述べている。 「冬はまったく怖くありません。設備の整った道路です。標識、交通警察、カメラが整備されており、道路の状態を自宅からオンラインで見ることができます」。

 作業員が氷の厚さを絶えず監視し、必要に応じて何度も何度も凍結をする。これは雪解けが始まるまで続く。

最も恐ろしいのはシーズンオフ

(4月末の渡し )

 しかし、雪解け期または氷がまだ強くない場合、渡しはさらに極端になる。タチアナは、渡しが閉じた前日に氷の渡しを初めて利用したときのことを改装した。そして、その冒険は十分すぎるほどだった。「渡しが閉鎖されたので、ラビトナンガから物を入れたコンテナを拾う必要があり、それから長い時間待たなければなりませんでした。そして、私はKAMAZを見つけました。そのトラックが私を連れて行ってくれました」と彼女は話した。「そして、そこに行くと、道路はすでに溶けており、窓は水に浸されており、文字通り浮かんでいました。それはひどく怖くて、運転手は私に「あなたは何を恐れているのですか?あなたが最初ではなく、最後でもありません」と言いました。このKAMAZは大丈夫でした」。

 一般に、このオフシーズンでは、ホバークラフトは通常川沿いに行きます。しかし、あなたは多くの物をボートで運ぶことはできません。せいぜい小さなスーツケースです。したがって、氷の交差点は焦りを待っています。

アムール川を運行しているホバークラフト

  「川が凍結するまで、サレハルドのすべての店は、より長期の貯蔵製品を集めようとしています。ミルクが消え、パスタとシチューが棚に残ります。そして、牛乳が現れると、私たちは理解します。問題はなくなったと」とタチアナは話す。

 例えば、ここは北ドビナ川の小さな渡しだ。氷の漂流はすでに始まっていて、車の渡しは閉鎖されており、ボートもありませんが、人々はどうにかして反対側に行く必要がある。そして彼らは徒歩で川を通過するのだ。

 運転手は道路サービスからの警告を無視し、そのような道路を自分のリスクで運転することがよくある。その結果、彼らの車は川の底に沈むかもしれない。

 「シーズンオフでは、ヤクーツクから貨物を輸送することはできません。それらはすべて右岸のニジニ・ベスチャフ鉄道駅に集積されます」と、この市の居住者であるニキータ・タナナエフは話す。 「渡しが閉じられた後、私は運転しなかったけど、一部の人は(その使用制限に)違反し、その後問題が発生します」。多くの場合、ドライバーはトラックを沈めて、地元の人に見つけてもらうよう頼みます。川底にはまだ多くのコンテナがあるのです」。

橋を架けないのか?

 1940年代末から1950年代初頭に、ヤマル半島やサハ共和国にいくつかの橋を架ける計画があった。国の指導者は、サレハルドからイガルカまで(北極圏に沿ってほぼ1300

kmの湿った土壌を通して)までの北極圏鉄道プロジェクトを実現しようとした。その結果、いくつかの地点が建設されたが、川を渡る橋が必要になった。しかし、ここで問題が発生した。建設には費用が掛かり、重量が重かった。

レナ川で建設されたハタッシーパボロフスクの氷の渡し

 問題とは何だったのだろうか? オビ川の幅はほんの数キロとそれほど広くないようだ。北部の川は非常に気まぐれであることがわかる。まず、河川はコースを変えるのが非常に好きで、2、3年後には橋がまったく異なる場所にあるかもしれない。第二に、それらには困難な「生きている」底があり、そして、橋の建設には正しい場所を選択する必要がある。そうすれば、氷の漂流している間にこれらの流氷で橋脚が損傷しない。第三に、この場所はすべて永久凍土であるため、夏に溶けると、橋は浮くことがある。

 ヤクーツクでは、橋の建設も非常に困難だが、橋の建設は非常に待ち望まれている。レナ川の幅は約3 キロメートルで、アクセスする道路と合わせて約10 キロメートルでなければならない。その建設は複雑で高い費用がかかる。 「さらに、春に水位が上昇し、氷が砕け、川底が曲がりくねって水が溜まると、水が詰まることがよくあります。そのため、しばしば洪水が発生します」とニキータ・タナナエフは話す。

 それにもかかわらず、サレハルド、ヤクーツク、および他のいくつかの大都市の橋は、5年以内に建設されることが決まっている。橋を建設するプロジェクトはすでに承認されている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる