なぜロシアのヴェープル12は世界屈指の散弾銃なのか

12x76ヴェープル12モロトVPO-205

12x76ヴェープル12モロトVPO-205

Vitaly Kuzmin撮影
 殺傷力の高さと頑丈さ。これが、ヨーロッパの治安・国防機関の一部がNATOの銃ではなくロシアの「ヴェープル」(「猪」)を選ぶ主な理由だ。

 滑腔銃身のセミオートマチック散弾銃「ヴェープル12」は、ロシア軍の主要な散弾銃の一つであるRPK-74をベースに2000年代初めに開発された。

 基本的な機構は、長ガス・ピストン式回転ボルト閉鎖方式だ。ただしRPK-74と異なり、ボルトとレシーバーは幅広い散弾銃用弾薬を使用できるように設計されている。したがって、薬莢長70 mmないし76 mmで、さまざまなタイプの散弾や弾丸が詰まった12ゲージの弾薬を使用できる。

ライバル製品と何が違うか

12x76ヴェープル12モロトVPO-205

 ヴェープル12がイタリアのベネリM4スーペル90や米国のSRMアームズ1216などの主要なライバル製品と異なる点は、何と言ってもその頑丈さだ。

 「ヴェープル12の平均寿命は15000発以上だ。しかも、カラシニコフ自動小銃と同様に泥や砂をものともせず、どんなに厳しい環境でも安定的に作動する。この点でライバル製品に勝ち目はない」とイズベスチヤ紙の元軍事アナリスト、ドミトリー・サフォノフ氏は話す。

 なおヴェープル12は、市街地で対テロ作戦を遂行する部隊の間で最も普及している散弾銃の一つだ。

なぜAKやM-16ではなくヴェープルなのか

12x76ヴェープル12モロトVPO-205

 アサルトライフルのAKやM-16の弾薬は威力が強すぎるため、建物の急襲や市街地での銃撃戦に向かないことが多い。建物が密集した地区ではそのことがことさら強く実感される。弾丸は敵の身体を貫くだけでなく、居合わせた通行人をも殺傷してしまう可能性がある。

 このため、世界の治安機関は急襲作戦の際には散弾銃を使用する傾向がある。散弾銃はまさに50メートル以内の「市街戦射程」で効果を発揮するからだ。

 だが、ヴェープルの威力も侮れない。一回の発砲は、マカロフ拳銃の装弾を一度にすべて発射するのに等しい。目標に向かって同時に9つの8 mmの玉が飛んでいくのだ。しかも警察官は必要に応じて、歩きながら、非致死性の弾薬のマガジンを散弾を装填したマガジンに交換することができる。

 現時点で、ヴェープル12には20発用と25発用のドラムマガジンが開発されている。民間モデルには、4発と8発のマガジンが装備される。

 ロシアでは、銃器の使用免許さえあれば、どの銃砲店でも堂々と同銃を購入できる。

 ヴェープル12は中南米やNATO加盟国でも販売されている。例えばギリシアでは、内務省のEKAM(対テロリスト特殊部隊)がまさにこのヴェープル12を採用している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる