FSBが市街地作戦用の新型装甲兵員輸送車を導入

ロシア連邦保安庁 FSBの新型装甲兵員輸送車「ファリカトゥス」がエフパトリアで、テロ組織から人質を解放するというシナリオの訓練に参加している。

マクス・ヴェトロフ撮影/Sputnik
  装甲モンスター「ファリカトゥス」は、建物を急襲したり、車両の両側にある銃眼からテロリストを掃討したりするのに用いることができる。

 近く、連邦保安庁(FSB)の特殊部隊が、新型装甲兵員輸送車「ファリカトゥス」を手に入れる予定だ。

  この未来的な車両には、極めて大胆な革新的技術が応用されており、老朽化した軍用装甲兵員輸送車に代わって市街地で運用される予定だ。

どのような車か

  ファリカトゥスはカマズをプラットフォームに作られた総輪駆動車だ。装甲車の外観は非常に攻撃的である。

 この車には直列8気筒17リットルのエンジンが搭載される。その出力は700馬力だ。これにより、何トンもある鉄のモンスターは12人の兵員を乗せて時速200キロメートルまで加速できる。

  この装甲車は、自動小銃や軽機関銃による発砲から乗員を保護できるように作られている。V字型の底面は地雷の爆発の衝撃波を分散させる。

  運転席には3枚の防弾ガラスが装備されている。防弾ガラスは一定の角度をつけて嵌められており、乗員の視界が一部遮られているが、その代わり敵の弾丸に対する防御という点で一定のメリットがある。

  ボンネットもまた前面に大きく突き出している。今度は「死角」が補助カメラでカバーされており、運転手の完全な視界が確保されている。概して後部パーキングセンサーの場合と同様だ。

  運転手と並んで、両側面の監視は12人の上陸部隊員が行う。車内には上に防弾ガラスの覗き窓のついた銃眼があり、両脇の目標に向けて発砲できる。しかも、車両側面下部の死角に対しても、兵員は車両下部の2段目の銃眼から発砲できる。

  機関銃手には2つの射撃用スペースが設けられている。後部扉の銃眼と、身を乗り出して射撃が可能な天井のハッチだ。

  兵員は、5つの扉から下車する。両側面に2つずつある扉と、車両後部の扉だ。銃撃戦の際に兵員が盾にできるよう、扉はあらゆる方向に開くようになっている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる