グーグル検索されたロシア軍についての質問トップ5

ZUMA Press/Global Look Press
 なぜロシア軍の制帽はあれほど大きいのか。なぜロシア兵はスポンジ・ボブのテーマソングに合わせて行進するのか。もしこれまでにこんな疑問を抱いたことがあるならば、ここでその答えを知ることができる。

なぜロシア軍の制帽はあれほど大きいのか

 制帽があれほど大きいのにはいくつかの理由がある(ロシア人の頭が大きいということではない)。まず、ソビエト時代の赤い星よりずっと大きいロシア軍の徽章を収める十分な空間が必要だ。

 それからこれは、2008年にロシア軍の制服を作ることで契約を結んだデザイナーの判断である。彼は実用性よりも「ファッション性」を重視したために激しく批判された。

 しかし、彼がデザインした冬用制帽はとても温かく快適で、ロシアの厳しい冬の気象条件に適したものだった。

 

なぜロシア軍はスポンジ・ボブのテーマソングに合わせて行進するのか

  「何も俺たちは、悪い奴らと戦ってミサイルを作ってばかりいるわけじゃないんだから。」彼らだってユーモアのセンスと素晴らしい想像力を持っている。

 ロシア兵による別の傑作もご覧あれ

なぜロシア兵はストライプのシャツを着るのか

 欧米ではブルトンシャツと呼ばれているが、ロシアではテリニャーシカと呼ばれている。初めて採用されたのは19世紀の半ばだ。

 伝わるところによれば、1868年に大公のコンスタンチン・ニコラエヴィチ・ロマノフ提督がフリゲート帆船ゲネラル・アドミラルの乗組員を閲兵した。その際、水兵は皆欧州で購入したストライプのシャツを着て現れた。船員たちがこのストライプのジャージーの機能性と利便性を称賛したため、それから数年を経た1874年、大公は皇帝に、水兵の制服にストライプの肌着を正式に導入する法令に署名するよう求めた。

 

外国人はロシア軍に入隊できるか

 ロシア国防省は、前科がなくロシア語が堪能であれば外国人がロシア軍に入隊しても構わないとしている。

 現在「外国出身の軍人は、一般に受け入れられている国際法、国際合意、及びロシアの国内法の諸原則に沿う範囲で、戒厳令下での作戦並びに武力紛争に参加することができる」と、クレムリンのウェブサイトで公開されている規定に記されている。

 ロシア軍に参加するのにロシア国籍を取得する必要はなく、フランス外人部隊同様に、軍務を全うした外国人には国籍が保証される。

 新兵募集局に連絡を取る方法を含め、必要な情報はすべて国防省の入隊志願者用ウェブサイトで見つけることができる。

 

なぜロシア軍は最高なのか

高性能ミサイル防衛システムS-400

 実を言うと、最高ではない。

 確かに、疑いなく世界に比類のない軍事制度や軍備がそれなりに存在する。例えば、ロシアの最新の高性能ミサイル防衛システムS-400「トリウンフ」は第5世代ジェット戦闘機や爆撃機さえ撃墜できるし、近く配備される予定の進化版S-500プロメテウスは超音速ミサイルや宇宙空間に近い高度にある飛翔体をも撃ち落とすことができる。

 だが、ロシア軍や軍産複合体が本腰を入れて取り組まなければならない分野もある。例えばロシア海軍は、世界の大国と互角の水上軍事力を得るため、老朽化した艦船を手放し、次世代の軍艦、軍用機、空母の開発にかなり投資する必要がある。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる