ロシアが世界唯一の浮体式原子力発電所を稼働させる見込み

アントン・ワガノフ/TASS
 中国や米国を含め、数ヶ国がすでに浮体式原子力発電所の建設に挑んできたが、当面はロシアのロスアトム社のアカデミック・ロモノーソフ(出力70メガワット)が唯一の水上原発となりそうだ。

 サンクトペテルブルクから出航した浮体式原子炉は、まずノルウェーを横切り、燃料補給のためムルマンスク市へ向かう。最初の航海では10万人の住民が待つ北極圏のチュクチ自治管区ペヴェク市を目指す。この水上原発はまた、現地の海水脱塩工場や石油プラットフォームに電力を供給する予定だ。

 発電所の建設は2007年に始まり、さまざまな情報源によれば、費用は2億3200万ドル前後と伝えられていた。ロスアトムは当初燃料補給をサンクトペテルブルクで行う計画だったが、バルト海沿岸の国々やグリーンピースが計画に反対し、ムルマンスクに変更された。グリーンピースが表明している重大な懸念は、ただでさえ汚染されて脆弱な海にとって浮体式原子炉が危険以外の何物でもないということだ。

 浮体式原子炉は老朽化したビリビノ原発やチャウンスカヤ汽力発電所に取って代わる予定で、2019年に運転を開始する見込みだ。

 史上初の浮体式原子力発電所は米国製のMH-1Aで、2014年に廃炉となった。加圧水型原子炉は、遠隔地にエネルギーを送るという米軍の大プロジェクトの一環で作られたものだった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: