軍用ヘリKa-52の操縦を学べる

攻撃ヘリコプターKa-52「アリガトル」=

攻撃ヘリコプターKa-52「アリガトル」=

ロイター通信
 国際軍事見本市「アルミヤ2016」(2016年9月6~11日、モスクワ州クビンカ市)開催中、攻撃ヘリコプターKa-52「アリガトル」、戦車「T-72」と「T-90」の操縦を学ぶことができる。

戦車T-72T-90

 アルミヤ開催期間中、クビンカ市のロシア連邦軍軍事愛国文化・休息公園「パトリオット」の演習場「アラビノ」で、連邦国防省が希望者全員に「若き戦士の教室」を行う。参加者はKa-52アリガトル、T-72、T-90の操縦の基本を学ぶことができる。

 教室では、ロシアの将校が専門複合設備を活用する。これはT-72やT-90の進行時の動きを完全に再現する訓練設備で、新人が兵器を使用する前に、揺れや凸凹地面の走行を体感することができる。参加者は攻撃ヘリの離着陸を学べるだけでなく、エンジンが故障した、または敵の弾丸が命中したといった危機的な状況下の行動も知ることができる。

 シミュレータを展開するのは、ロシア連邦軍産複合体の30社。国防省は現在、「パトリオット」公園に専門シミュレータを常設する案について、設計者らと話し合いを行っている。