「知らないロシアがある」

Igor Shuvalov

Igor Shuvalov

Sergey Guneev/RIA Novosti
 「日本・ロシア交流年」は2018年5月26日、モスクワのボリショイ劇場で始まる。イーゴリ・シュワロフ第1副首相は、高村正彦自民党副総裁との会談で、これを明らかにした。

イーゴリ・シュワロフ第1副首相=セルゲイ・グネエフ/ロシア通信イーゴリ・シュワロフ第1副首相=セルゲイ・グネエフ/ロシア通信

 東京で、シュワロフ第1副首相は、第12回「ロシア文化フェスティバル・イン・ジャパン」の開幕式に出席した他、世耕弘成経済産業相、岸田文雄外相と会談した。

 高村副総裁との会談では、日本・ロシア交流年(「ロシアにおける日本年」および「日本におけるロシア年」)のイベントの計画について話し合った。

 「両国の間では平和条約がいまだに結ばれていないが、ロシアではあらゆる分野で日本に対する関心がとても高い」とシュワロフ第1副首相。

 日本・ロシア交流年では、300以上のイベントが予定されている。「とても密なプログラム」とシュワロフ第1副首相。

 この会談では、日本側から日本・ロシア交流年のロゴとテーマ「あなたの知らない日本がある」、「あなたの知らないロシアがある」が示された。

 世耕経産相、岸田外相との会談では、両国の協力問題について話し合われた。

 「首脳が署名できる状態の作成済みの書類を見た」とシュワロフ第1副首相。また、一部書類に記載される、いかなる進展もない問題についても話し合ったという。