東京・ウラジオ間の直行便を運航開始

 ロシア極東のオーロラ航空が、3月20日より、ウラジオストク―東京(成田)間の定期便の運航を開始する。オーロラ航空は、ロシア航空グループ最大手「アエロフロート」に所属。オーロラ航空広報部が伝えた。

 運航は、月曜、水曜、土曜の週3便を予定し、機体は、デ・ハビランド・カナダ DHC-8-Q400を使用する。

 片道チケットの最低価格は、各種手数料込みで8250ルーブル(約16000円)で、飛行時間は約3時間だ。

 *オーロラ航空公式サイト

 もっと読む:日本観光事務所がロシアにも>>>