安倍首相は来年初めにもロシア訪問

 安倍晋三首相は、平和条約の協議のため、来年初めにもロシアを訪問する意向を表明した。「共同通信」がこれを伝えている。

 「関係改善への機運を一層加速させたい」と、東京都内で講演した際に話した。

 安倍首相は、領土問題に触れながら、「新しい取り組みを始めなければ、問題の最終解決にはいたれない」と述べた。「経済関係の発展は、時間のかかる平和条約の問題を解決するための近道」だという。

  日本とロシアが南クリル諸島(「北方4島」)で始める可能性のある共同経済活動は、世界的にもめずらしいもので、実現すれば経済活動に携わる日本人は島を何度も訪問できるようになる、と安倍首相。両国の間の信頼関係が深まれば、「(4島を)対立の島ではなく、共存の島にできる」という。

  ウラジーミル・プーチン大統領が日本を訪問し、安倍首相と会談した後、共同声明が発表された。それによれば、「南クリル諸島(「北方4島」)における日本とロシアの共同経済活動に関する協議の開始が、平和条約締結への重要な一歩になり得る」という。双方は同時に、この宣言とそれにもとづくあらゆる共同経済活動に関する合意、また宣言の実現自体が、「平和条約の問題に対する日本とロシアの立場を損ねるものではない」としている。

*タス通信の記事を抄訳

プーチン大統領訪日についての記事はこちら>>>