安倍首相「プーチン訪日で日露関係は飛躍」

2016年12月18日 タス通信
 安倍首相がプーチン大統領訪日の成果についてタス通信の独占インタビューに応えた。首相によれば、今回の訪日は「露日関係を飛躍的に発展させた」。
Abe_Japan
安倍首相、2016年12月16日=  =kremlin.ru

 「プーチン大統領の訪日は日露関係に新たな、大幅な飛躍をもたらした」と安倍首相。

 プーチン大統領の11年ぶりの訪日には、2つのメインテーマがあった。平和条約および南クリル諸島問題と、両国の経済協力だ。

 「プーチン大統領との間で、日露が相互に努めればその可能性は無限大であり、関係を全面的に発展させることができる、という結論に達した」と安倍首相。

 両国間の経済協力の問題については、安倍首相が5月6日のソチ首脳会談でプーチン大統領に提案した8項目プランにそって進展が図られている。同プランはエネルギー、中小企業、極東工業化、輸出基地拡大といった方面での両国間の関係強化を予定している。

 

平和条約について

 安倍首相はまた、プーチン大統領との会談は「日露間の平和条約締結に向けた重要かつ大きな一歩となった」とした。

 両首脳は会談の成果を共同宣言にまとめた。宣言には、南クリル諸島における露日の共同経済活動に関する協議の開始は平和条約締結に向けた重要な一歩となり得る、と指摘されている。

*タス通信の記事を抄訳

プーチン大統領訪日に関する記事のすべてはこちら>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!