「北朝鮮に核保有国の地位なし」

 ロシアは、北朝鮮の原子力の平和利用権を認めるものの、核保有国の地位の求めを拒否する。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、アジア歴訪の前に行われた、モンゴル、日本、中国のマスメディアのインタビューで、このように話した。

 「朝鮮半島情勢のことをとても懸念している。情勢を落ち着かせ、また一方の行動が他方の追加的な対抗を招いて『悪循環』に陥る負のスパイラルを防ぐため、全力を尽くすことが必要だと考えている。ロシアは中国と同様、北朝鮮の核ミサイルの野望を容認しない」とラブロフ外相。

 「北朝鮮の原子力および宇宙の平和利用の主権的権利を認めるし、この地域で起こっていることへの北朝鮮政府の不安を理解し、十分に妥当だと考えている。しかしながら、北朝鮮の自国の安全保障における正当な懸念を認めつつも、核保有国の地位の求めを却下し、北朝鮮がほぼ公然と行っている核拡散の哲学に反対する」とラブロフ外相。

 

記事全文(露語)

もっと読む:自民党の稲田朋美政調会長、「プーチン氏訪日は最重要行事」>>>