ロシアのヘリがシリアで墜落

 シリア西部ホムス市で12日、ロシアの軍用ヘリコプター「Mi-28N」が墜落。乗員が死亡した。

 「インテルファクス」通信は、ロシア連邦国防省広報課の情報として、シリアでロシアの軍用ヘリコプターMi-28Nが墜落したと伝えている。

 「モスクワ時間2016年4月12日午前1時29分(日本時間4月12日午前7時29分)、ホムス市(シリア・アラブ共和国)空域で、ロシア航空宇宙軍のヘリコプターMi-28Nが墜落した。2名の乗員が死亡した」と国防省は伝えている。

 国防省は、ヘリコプターは撃墜されたわけではないと付け加えている。詳細は今のところ不明。

もっと読む:ロシア軍がシリアのパルミラで地雷撤去へ>>>