ロシアは日本に石油・ガスプロジェクトの一定数の株式を提案する用意がある

 ロシアは日本企業に石油とガス採掘に関する大規模プロジェクトの一定数の株式を提案する用意がある。22日付けの日本経済新聞に掲載されたインタビューで、ロシアのドヴォルコヴィチ副首相が述べた。

 副首相は次のように指摘した―

 「我々は、大規模な石油・ガスプロジェクトの一定数の株式を日本に提案する用意がある。これは戦略的な開発計画を有する日本の投資家たちに関係している。」

 またドヴォルコヴィチ氏は、日本がロシアに対して制裁を発動しているものの、「ロシアは日本企業と建設的な協力を行っている」と述べ、「これは政治対話のための良い状況をつくり出している」と語った。

 ドヴォルコヴィチ氏はまた、クリル諸島の共同経済開発に日本企業が参加する可能性も排除せず、「クリル諸島では新しいタイプの経済ゾーンをつくる用意が進められている。地域の発展に日本企業や外国企業の参加が認められる可能性もある」と述べた。

 またドヴォルコヴィチ副首相は、ロシアのプーチン大統領の訪日について、そのためには経済分野においてさらに大規模な二国間協力を達成する必要があると指摘し、「訪問を組織するためには、有意的な一連の合意を用意する必要がある」と述べた。

*「Sputnik日本」より転載

もっと読む:日本の対露投資額はアジア№1>>>