皇帝にも大衆にも供されるロシアの手作りパン「カラーチ」

 ロシアNOWは、ロシアで最人気に挙げられるパンを専門とする博物館を訪問するため、モスクワから100キロ離れたコロムナまで向かった。

字幕を”オン”するために を押してください

 伝統的なロシアの食品であるカラーチは、16世紀以来の長い歴史を誇る。カラーチはロシアでこよなく愛されている。カラーチは、一般市民の日常的な食卓と立派なツァーリの祝宴のどちらにも出されるような食品だった。ツァーリはかつて、総主教やその他の高位聖職者に対する特別な挨拶としてカラーチを贈っていた。主人が召使いに休暇を許す際には、「カラーチを買うため」という名目で小さな貨幣を与えることが風習になっていた。

 最も人気の高い種類のカラーチは、必ずコロムナものであったため、ロシアNOWは、コロムナにある珍しいカラーチ博物館を訪問するため、モスクワから南東に100キロ離れたこの地に足を運んだ。そこでは現代のパン職人たちが、何世紀にもわたって継承されてきたパン作りの伝統を守っている。