モスクワ指折りのアールヌーボー様式建築のビジュアルツアー

モスクワにあるリャブシンスキー邸宅は、ロシアでは「モダン」として知られるアールヌーボー様式を代表する建造物だ。

 この魅力的なアールヌーボー様式の邸宅は、フョードル・シェフテルにより、若き実業家のステパン・リャブシンスキーのために1900〜03年に設計された。 セラミックタイルと豪華な装飾が施されたモザイクのフリーズを特徴とするこの2階建ての建物には4つの個別のファサードがあり、レイアウトは完全に非対称的である。

 リャブシンスキー邸宅のオリジナルの内装のほとんどは、この邸宅が複数の国家機関の所在地だったソビエト時代の初期に破壊されてしまった。 しかし、主な特徴は現存している。

 中央階段は、クラゲ状のランプを1階に運ぶ波を想起させる。 ラウンジの天井は大きなカタツムリで覆われた植物を描いたスタッコで装飾されており、2階の柱頭にはサンショウウオやユリが絡み合っている。 隠し部屋である3階には、古儀式派の信者だったリャブシンスキー家のために、シェフテルは礼拝堂を設計した。

 革命後、この建物にはソ連の外務人民委員部、そして後の一時期には国家出版局の本部事務所が収容され、詩人のセルゲイ・エセーニンやウラジミール・マヤコフスキーなどがここを訪問した。 1931年にはマクシム・ゴーリキーがイタリアからソ連に帰国し、リャブシンスキーのかつての邸宅に滞在した。

 現在、この邸宅はマクシム・ゴーリキーの家博物館と記念図書館の所在地となっている。